PENTAX

   

   

     Optio 330GS
    Optio230の後継機でCCDが300万画素になったが外観や自撮り用に液晶が回転するは変わらない。
    330RSとは全くの別物。起動は遅いが他の作動はやや速くなったような気がする。AF、写り、
    電池の持ちもやや改善された。露出はアンダー気味になる事がままあった。
      換算 38〜114o  1/2.7型  334万画素  CF使用  単三X2本  2002年10月発売

   

   
                                                    オート 換算 37.5o f2.6 1/8秒 ISO表示なし
     Optio 430RS
    こちらもIXYを意識したデザインですが撮影素子1/1.8  413万画素でIXYよりワンランク上でS45と
    比べるとかなり小型になる。バッテリーはフジのNP-60と同じで各社と互換性がある。写りは330から
    かなり改善されていて雨の中や夜景を試してみた。ISO200までですが夜景もなんとか写せました。
    3D撮影モードがあるが付属の3Dイメージビュワーが無いので試せない。
      換算 37.5.〜112.51o 1/1.8  413万画素   CF使用  2002年6月発売

   

   

    3 Optio 230
    Optio330/430のスペックダウン機だがCF無しで65,000円だったから安くない。液晶ビュワーは明るく
    横に180度回転し自分撮りが出来るようになっている。電源ボタンが押し辛いのは当時では普通?
    起動はやや遅めだがあとの動作は普通。電池はシビアーで、同じ電池で他のデジカメが動いても
    本機では起動しない事があった。アルカリ電池では無理かもしれない。写りはシーンを選ぶ。
    3D撮影モードがあるが付属の3Dイメージビュワーが無いので試せない。
      換算 38〜114o  1/2.7型 211万画素  単三X2本  CF使用  2002年4月発売

   

     Optio 330
    ペンタとしての本格的デジカメ参入の1号機?IXY DIGITAL 200・300と同期生で高級感のあるスタイルも
    サイズも似ているがこちらはCCDが1/1.8とやや大きい。IXYと同様、条件が良ければそこそこ写りバッテリーの
    持ちも良くない。初期トラブルが多かったらしいが現機は今のところは無い。これも200円で拾った。
      換算 37〜111o 1/1.8  334万画素  D‐LI2  CF使用  2001年7月発売

 

    1 EI‐200
    デジカメでは出遅れたペンタックスの実質的1号機らしい。HP社との共同開発機。
    電源?よる作動不安定で解決したら画像をUPします(ゴメンナサイ)
      換算 34〜108o 1/2.7  211万画素  CF使用  単三X4本  2000年7月発売


                              
                                     伴にしたカメラ