夕張鉄道
        
          道内最長の炭鉱鉄道で大規模、国内の他の私鉄とは異なる風景で見所が
          多かったが鹿ノ谷のみで先を急いだ。北海道は広く、周辺部の線区では
          運行本数が少なく、均一周遊券の有効期限と費用、宿泊の不安で長居は出来なかった。
          2度目は更にお粗末で野幌駅で写したのみ。40年以上前の事ですがその不便さが懐かしい。    
       昭和46年(1971年)11月  鹿ノ谷 - 夕張本町間廃止、栗山 - 鹿ノ谷間の旅客営業廃止
       昭和49年(1974年)3月末  旅客営業休止。同線を北海道炭礦汽船に譲渡
       昭和50年(1975年)3月末 廃止全線

       

    鹿ノ谷。ホーム右の建物は「栗まんじゅう」屋。キハ301    鹿ノ谷構内。

       

    野幌。昭和46年(1971年)8月の撮影。乗客はバスに移行しホームは閑散としている。キハ253

       

     11。大正15年(1926年)日立笹戸製。8600形のボイラーに9200形の下廻りを組み合わせた。

       

    11。重油混燃装置は外されていた。              14。入換が主だった。

       

    21。昭和16年(1941年)川崎製。                24。大正3年(1928年)川崎造船製。元国鉄9645 

       

    キハ201。昭和27年(1952年)新潟製。             キハ253。 昭和31年(1956年)新潟製。
    後に岩手開発に移った。                     後に水島臨海鉄道→岡山臨海鉄道と移った。
                                        
       

    ナハニフ100。昭和4年(1929年)日車製。           ナハニフ150。昭和12年(1937年)日車製。  

       

     ナハニフ151。昭和12年(1937年)日車製。         ナハニフ152。昭和15年(1940年)日車製。


           昭和42年(1967年)7月   昭和46年(1971年)8月  撮影