横浜市電  車輛

          昭和41年(1966年)7月末 部分廃止が始まる 
          昭和47年(1972年)3月末 全線廃止

       

    506。昭和3年(1928年)東京瓦斯電製大型単車。      611。昭和22年(1947年)三菱造船製大型単車。
    単車といっても私の地元・名鉄岐阜市内線のブリル21Eを履いた物とは全く違う走りでした。
    岐阜市内線はハンドブレーキでしたが、こちらはブリル79E、空制で和風バーニィカーと云えそうでした。

       

    1008。昭和3年(1928年)蒲田製大型3扉車。        1104。昭和11年(1936年)梅鉢製中型車。
    私の地元の名古屋市電1200型に似ている。        登場時は中間部がクロスシートとだった。

       

    1153。昭和27年(1952年)宇都宮製中型車。          1166。昭和28年(1953年)ナニワ製中型車。
    1150型は1500と同型の車体に従来型の機器を組む。1151〜1172まで製造され3グループに別れる。      

       

    1171。昭和28年(1953年)交通局工場製。           1201。昭和17年(1942年)木南製大型3扉車。 

       

    1324。昭和22年(1947年)汽車製大型3扉車。         1402。昭和24年(1949年)木南製大型3扉車。
    大型3扉車は何れもワンマン化されなかったので昭和46年(1971年)までに全車廃車された。

       

    1504。昭和26年(1951年)日立製中型車。           1603。昭和32年(1957年)交通局工場製。
    和製PCCカーで間接制御、電制、防振台車等を       扉は4枚の折戸ですが開いていて判りません。
    装備していた。最終日まで活躍した。              新しい中型車だったがワンマン化されず廃車。

       

    10。貨車を戦後、電動車化。整備前。             整備後。保存館で展示中。

       

    滝頭車庫                              1316。浅間町車庫


    横浜市電保存館

    旧滝頭車庫(現バス車庫)の一角にあります。よく手入れされいて子供達で賑わっている。

     

    523                                   1007

     

    1104                                  1311

     

    1510                                  1601

     

    10                                   ブリル社のマーク入り軸箱蓋。


    昭和43年(1968年)3月 昭和44年(1969年)3月 昭和46年(1971年)5月 2013年3月  撮影