和歌山電鐡  いちご電車

           2006年4月1日 南海貴志川線が和歌山電鐡に引継がれました。
           親会社は両備グループの岡山電軌で、愛称「いちご電車」駅長に
           「たま」を起用、雑賀衆の故郷にかわゆい鉄道が生まれました。
 


  南海・貴志川線の頃は市内線に
  関心があったので同線の印象は薄く
  撮影カット数も少ない。最近出掛け
  たら軌道も車両も改善されていました。
  貴志駅は良い雰囲気。よく走りますが
  車両が上下に揺れます(笑) U君写。
  
  たま駅長で有名になりました。
  思い切った電車が出来たものです。
  プロがプロデュースするとこうなるか!
  イベントもあって乗客の殆どが
  幼児とその家族でした。

  新しいカタチの鉄道が生まれました。



       

    和歌山駅 1
    今はホームの位置が微妙に変わっています。

       

    和歌山駅 2                           吉礼〜伊太祁曽
    「いちご」のサボを掛けています。 ’08.10.05

       

    伊太祁曽 1
    あまり変わっていないような・・・                  モハ1051

       

    伊太祁曽 2                                           ’12.08.26
    いちご電車。                            貴志川線祭が行われていました。

       

    山東〜大池公園
    主要駅は今も変わりませんが、車両は「地方私鉄1960年代の回想」の頃とは大きく異なる。
    往時の状況からは「たま電車」「おもちゃ電車」の出現は考えられない。

       

    大池公園                              大池公園駅旧待合室
    交換設備は撤去されている。たま電車。            灌漑用の池にボートと旅館があるささやかな
    昇圧された所為かクーラーが良く効いていた。        公園です(現況)U君写。この待合室は解体されました。

 

    大池公園〜西山口      
    モハ603。旧阪急81形の車体。 1966.8

       

   貴志駅
   駅舎と周りのロケーションは模型にしたくなる風景。車両や施設は大手らしく維持されています。 


    1966年(昭和41年)8月  1971年(昭和46年)  2004年9月  2008年10月  2012年8月   撮影