鶴居村営軌道

          植民軌道(簡易軌道)は北海道独特の鉄道で内地(当時、北海道の人々は
          そう表現していた)には無かった。早速訪れたが、国鉄駅・駅前で撮ったのみ。
          当時、「カニ族」と呼ばれるスタイルで道内を廻ったのも懐かしい思い出。
          昭和43年(1968年)全線廃止。  *ネガが劣化しています。「参考」として下さい。 

       

    上りのDCが来ました。                      続いてDLが来ました。

       

    新冨士。ホームがありました。                  後方に国鉄駅跨線橋が見える。

       

    郷土資料館にDCとDLの各1両が展示中。          右手に車庫があった。

       

    新冨士停留所。駅の周りには何も無い。           上り 4便 下り 2便 通学車 上下 5便
    
    
             昭和42年(1967年)7月  撮影