東野鉄道

          当時としては極く普通の非電化ローカル私鉄で、全線13.1Km、DL2両
          気動車3両付随車4両とささやか。平坦線ながら隧道とトラスト橋梁もあり
          多少変化はあったが大田原と黒羽以外に人家は少く、この間をのんびり
          走る。廃止の年の1月と私には珍しく最終日に訪れている。
          エコーモデルの阿部さんの「城新鉄道」の影響か実物界より模型界の方で
          良く知られる。昭和43年(1968年)12月廃止。

       

    西那須野。国鉄との接続駅。                  単行ながらほぼ満員でした。

       

    大田原 1  沿線最大の街で旧大田原藩の城下町。小藩ながら歴史の節目で登場する。    

       

    大田原 2  広い構内は貨物輸送が多かった事を示す。混合列車用かホームも長い。 

 


 ← 蛇尾川橋梁

    

      ↑ 中丸原



       

    大田原〜中丸原 1

       

    大田原〜中丸原 2

       

    中丸原 3                             黒羽 1 後方の農業倉庫が今も残るという。

      

    黒羽 2  この日はキハ503が主に動いていた。     駅と車庫の全景。

       

    黒羽 3  最終日の構内。                   駅舎は大田原比べると簡素。

       

    DC201昭和27年(1952年)新潟製。元津軽鉄道で番号はそのまま使用。DC202
    
       

    キハ501。昭和11年(1936年)新潟製。            キハ502。昭和8年(1933年)日車支店製。
    旧五日市鉄道で国鉄を経て入線。               元国鉄キハ41008。廃止後茨城交通へ。

       

    キハ503。昭和8年(1933年)新潟製。             客車群。使用していなかった?
    元国鉄キハ043。昭和33年(1958年)入線。 

       

    ハ30。昭和5年(1930年)日車支店製。            ハ31。昭和11年(1936年)日車支店製。
    元常総鉄道キハ13。                       旧キハ20。

       

    ハ32。昭和4年(1929年)日車製。元キハ10。        ハ33。元キハ11。

        昭和43年(1968年) 1、12月 撮影