東海道 日永追分〜庄野

   

    日永の追分。伊勢神宮遥拝鳥居と常夜燈、道標。「左いせ参宮道」「京大坂道」「すく江戸道」

       

   黄檗宗観音寺の山門。寛政12年(1800年)建立。        小古曽神社。延喜式の古社。

   

    杖衝坂。日本武尊が疲れからこの坂で杖を使ったという。杖衝坂碑、芭蕉句碑、二つの井戸がある。

       

    日本武尊の出血を止めた処と伝わる血塚。          豊富稲荷。采女町

             

    石薬師宿入口の碑。                        延命地蔵堂。

             

    大木神社。延喜式の古社。                    小沢本陣跡。浅野内匠頭も宿泊したという。
    石薬師宿もホンダの主力工場が近くにあり活気がある反面、往時の面影は無い。

       

    歌人で古典文学の研究家・佐々木弘網の文庫と生家(右)

       

    石薬師寺。安藤広重の「東海道五十三次」の版画に描かれてる。美しい庭と手入れされた木立が良い。

       

    御曹子社。文武成就の神様。                  石薬師寺の一里塚跡碑と常夜燈(近年の物)

       

    庄野宿資料館(旧小林家)                     問屋場跡。

         

    庄野宿本陣跡。                           高札場跡。左手に脇本陣があったという。
    広重画「庄野の白雨」で知られるこの宿も往時の面影は全く無い。

       

    川俣神社。延喜式の古社。                    境内のスダジイの大木。