豊橋鉄道 田口線

          木材輸送を主に鳳来寺参拝客輸送も担う。豊川鉄道・鳳来寺鉄道と協力関係にあり
          規格も共通で、車両の乗り入れも実施。国鉄に買収されなかったが、運行を国鉄に
          委託、昭和31年10月豊橋鉄道に合併。昭和38年飯田線豊橋駅乗入れ廃止。
          昭和40年清崎〜三河田口間水害により不通(休止)。昭和43年全線廃止。
          名古屋近くでは同じタイプの鉄道として北恵那鉄道があったが、ファンには
          同社程人気は無かった。規格レベル違いからか?
          鳳来寺駅舎や素堀りのトンネル、配置の違う三河海老の車庫、狭隘な三河田口構内と
          町から遠く離れた駅、でもしっかりとした線路規格が印象に残る。
          約40年振りに尋ねました。改めて、隧道と橋梁の多さに驚きました。その他にも
          意外に費用が掛かっています。宮内省以外に出資者が多かった為か?

             

    本長篠 1
    ホームはそのまま。レールは有りますが          モハ36。
    架線は有りません。                                  

       

    本長篠 2 
    国鉄との連絡風景。                      モハ36。

         

    本長篠 3
    田口方向。発車すると一気に駆け上がりましたが、路盤は撤去されたようです。

       
                                    
    本長篠〜三河大草
    本長篠を出て大きく登りながら左にヘアピン        続いて廃線本に必ず出てくる橋脚。
    カーブ後の最初の隧道。                    道を手前に下ると本長篠駅。
                                                                      
          

     鳳来寺 1
     右の写真の位置からは撮影で出来ませんでした。

       

    鳳来寺 2
    駅舎の位置に「ほうらい食堂」が出来ましたが今は営業していません。

       
  
     鳳来寺 3
     線路跡は道路に、旧線はこの先左に曲がり隧道に入る。本長篠側から見る。

          

     鳳来寺 4
     田口側から見る。

         

    三河海老 1 
    右の軽乗用車の下に駅舎の基礎が残っています。撮影地後方にも車庫跡が有り
    更地になっても広い。
    
       
 
     三河海老 2
     中央に左写真の「満開の桜」が3本残っています。

      

     田峰 1
     本長篠寄りの道路下に橋脚が残っていました。

       

     田峰 2
     田峰駅、田口方向。                     モハ14            N先輩 写

        

     田峰 3
     田口寄り橋梁(現存しない)跡辺り。河川改修と道路拡張で左端の家も無くなり
     今と印象が異なる。左写真の橋は後日出来た橋。

        

     清崎 1
     線路と駅は道路になっていました。

       

     清崎 2
     右手に有った営林署はそのまま残っています。

       
      
     清崎 3
     清崎田口寄りの橋梁は一般道として使用。       モハ14。清崎付近らしいが特定出来なかった。(C)
 
       

     清崎〜田口
     素掘りのトンネルも線路跡も鮎釣り師の道でした。周りに人家は全く無い。

       

     三河田口 1          
     朽ちつつある田口駅。手前の待合と駅事務所は    モハ38。この様な地形で同駅の写真は少ない。
     倒壊。                              田口の街までは、かなり登らなければならい。(C)

       

     三河田口 2
     この先に森林鉄道があったとか。当時も今も      モハ38とデキ53。駅ホームのすぐ北側。
     判らない。大規模な工事でこの駅が造られた。    線路はここまで。雑誌にこの付近「マムシに注意」と
                                      書かれていたが、皆さんは普通に作業していた。

       

     三河田口 3   
     ここから本長篠方面にかけて見事な           駅ホームのすぐ南(本長篠)側。右が本線。(B)
     渓流。鮎釣りの人が大勢いました。

       

      モハ14。大正14年日車製木造車。旧豊川鉄道モハ14.15で国鉄管理時代、当線で使用されていた
      のを昭和26年払下を受けそのまま使用。社線内専用なので自連付。 左(A)

       

     モハ36                             モハ38
     昭和4年日車製。旧田口鉄道モハ101。         昭和4年日車製。旧豊川鉄道モハ31。買収の後  
     豊川鉄道買収後も飯田線で活躍したが         福塩線で廃車。昭和31年、払下時に国鉄豊川
     自主運行に伴い当線に戻る。後に渥美線に      分工場で更新工事を実施。主に豊橋乗入れ車に
     転じモ1711となる。   (A)              使用された。後に渥美線に転じモ1713となる。(C)

       

     デキ53。昭和4年日車製。旧田口鉄道デキ53。     サハ201。昭和30年豊栄工業製木造車。トムを
     そのまま当線で活躍し、後に渥美線に転じ        ベースに製造。自連付でモハ10型の中間に入れ
     デキ451となる。  三河海老? (A)           MTMで団体輸送に使用したともMTだったとも。
                                       殆ど使用されなかったらしい。ジャンパ受けは
                                       有りません。右下に「田口鉄道」と表記。(A) 

       

     奥三河郷土記念館に保存中のモハ14。         車内に資料が展示してあります。
     御覧の様に山上に有ります。

  この線区もN先輩から、豊橋鉄道合併直前の貴重な写真を提供して頂きました。改めて感謝します。
                                                            
 (A)1956年(昭和31年)6月N先輩 写  (B)1963年(昭和38年)N先輩 写  (C)1965年(昭和40年)N先輩 写
    豊橋鉄道合併直前の映像。       近況 2006.8  撮影