資 料

           書籍を主とした資料を紹介。

       

     惜別 日立電鉄
     「日立電鉄40年史」 昭和43年同社発行。廃止は残念と言うしかない。

       

     豊橋鉄道 50年史 
 
    昭和49年同社発行。
 
       

    北海道炭礦汽船 50年史
    御使小倉侍従、皇族の方々の視察写真で始まり、続いて役員の写真があります。
    右は「弁慶号」と運炭列車の写真。他に各炭鉱の全景写真も有ります。昭和14年同社発行。

       

    新潟鉄工所 80年史
    
車両関係では気動車・ディーデル機関車・除雪車を得意とし、国鉄オハ12系以降客車も製作。
    2001年倒産後は石川島播磨重工出資による「新潟トランシス」が車両部門を引継ぐ。昭和51年同社発行。

       

    東洋電機 50年史
    イギリス・デッカー社との提携で電動機、制御器の製作を開始。一号機は大正9年9月京阪電鉄の
    50HPの電動機を納入。カラーページはこの新幹線、EF66と名鉄モ7500の写真がある。昭和44年同社発行。

       

    日立製作所
    大正10年日本汽船・笠戸造船所を合併し笠戸工場とし、鉄道関係をここで製作。電関製造の先駆けとなる。
    最近は私鉄電車も製作。写真は国鉄EF52と成田鉄道D1001。「1」は昭和35年同社発行。後に順次発行。

       

    新三菱重工
    明治43年鉄道関係を製作開始。初期は蒸気機関車とエアブレーキが中心。昭和18年鉄道専門工場として
    広島県に三原製作所を開設。爆撃をまぬがれた事もあり、戦後は蒸機、電関、電磁直通電空併用
    ブレーキ等を製作、高圧タンク車の開発、大型ディーゼル機関車の開発に成功。昭和41年三菱重工発行。

       

    東京芝浦電気
    明治32年電車用電動機、制御器の製作開始。翌年京浜電鉄に電動機と台車を納入。大正11年
    初の電関を伊那電鉄に納入。昭和3年国鉄にEF52形2両納入、以降国鉄電関、電車用電動機
    制御器を主に製作。他にDF50、トロリーバス、モノレールも製作。昭和3年同社発行。




 竣功図 1

 2412   ハノバー製B6
 四日市・塩浜の石原産業にいた頃
 何度か通いました。日車製C108と
 月交代で動いていましたが、両車とも
 手入れが行き届いていて嬉しかった。
 この竣功図を頂いたときに「履歴簿」を
 見せていただきました。雑誌で存在は
 知っていたのですが見るのは初めて!
 厚さ10cm位で細かく書き込んでありました。
 今は名古屋市科学館に保存。状態は良い。
 模型倶楽部の月例会が同館で有るので
 帰りにいつも眺めています。








 竣功図 2
 
 豊橋鉄道 モ681
 元名鉄の貴賓者SCVで私鉄初の
 御召電車。昭和23年保管されていたのを
 一般車に改造。木造Wルーフの優雅な
 電車で図面の様にZパンタ(名古屋市電の
 お古?)フラフラさせながら のんびり走って
 いました。オーバーハング改良後の図面。
 直接制御車でラッシュ時の連結運転時は
 各編成に運転手が乗務しタイフォンを
 合図に運転していた。
   
   






 


                             
                               
                                       ローカル私鉄