下津井電鉄

          茶屋町で乗り換え下津井へ向かった。下津井は港町として古くから栄え、沿線の
          鷲羽山は観光地として人気があり、御覧の様に乗客も多く児島の駅舎も立派で
          3’6並みの設備だった。道路整備により人の流れが変わり昭和47年(1972年)
          茶屋町〜児島間廃止、平成2年瀬戸大橋全通よる様々な影響で残る区間も廃止になった。
          訪れたのは昭和42年(1967年)8月の1回のみでモノクロは劣化でUP出来ない。

       

    クハ24。昭和36年ナニワ製で同一車体の          児島駅は鉄筋コンクリート製で駅前からは
    モハ103と固定編成。主力車。 児島             各地への路線バスが発着していた。モハ55。   
  
       

    クハ25か26。老朽化した旧気動車改造の          モハ102。昭和29年ナニワ製。
    クハを自社にて再改造。  下津井              3両固定編成になっていた。

       
                                                      I先輩 写
      モハ55。昭和12年加藤製気動車を           クハ5。昭和6年日車製気動車を
      電化の際、電動車化。螺旋連結器付き。       電化の際、制御車化。
                    下津井                              茶屋町