島原鉄道
     


 何度も災害を受けながら
 その都度立ち直っています。

 国鉄乗り入れを行い
 国鉄急行型車を購入
 軽快気動車への転換と
 積極的です。

 2008年3月末で
 島原外港〜加津佐間廃止。

 キハ20形とトロッコ列車。







  

 早朝、諫早から入り
 車庫のある南島原へ。






 朝のラッシュ時の島原駅
 キハ20形を先頭に5蓮!







       

    2507。新潟鉄工製軽快気動車。 諫早                 キハ2602。   本諫早

       

          キハ4500形+キハ20形。                   キハ5503。    南島原

       

           キハ4505。    南島原

       

                   南島原                 あまり変わっていない?

             

    キハ201(左)とキハ202。元中国鉄道。昭和8年(1933年)日車製。この頃はサハ兼用かも?

 

    キハ252(中央)。元中国鉄道。昭和8年(1933年)日車製。

       

    キハ4502。国鉄と同性能で20m級の車体は        キハ2003。国鉄キハ20型200番代に準ずる。
    当時の非電化ローカル私鉄としては画期的。       1958年国鉄乗り入れ用に新造。トイレなし。
     
             

    キハ2601(左)とキハ2603。国鉄キハ26と同型で空気バネ台車。1960年博多乗入れ用に新造。トイレ付き。

       

    キハ5503。国鉄キハ55と同型で国鉄乗入れとユニ牽引兼用。 ユニ101。キハニ101改。昭和9年日車製。

       

    C12。国鉄C12と同型で自社発注車。昭和23.24年(1968.1969年)日車製。活躍期間は約20年。

              

    D3701。昭和43年(1968年)川車製37t機。          南島原駅。大井川鉄道新金谷と似ている。        

       

     キハ2003  大三東   3カット K君 写す

 


          2004年8月  U君 写      昭和44年(1969年)9月 (除くK君 写)   撮影