九條家遺構拾翠亭

          茶室は江戸後期の建築で九條家の建物で残ったのはこの茶室のみ。
          別邸として主に茶会や歌会等社交の場として利用された。
          公開日と時間が限定されているので行かれる方は要確認。

     

    入口                                   南方から

     

    東方から                                 九條池(勾玉池)東山の山並みを借景とした。

     

    広間の茶室                              小間の茶室。「ほたる壁」ですが解りますか?

     

    北方から(待合側)                           手水鉢の先に厳島神社が見える。

      

    二階。縁高欄と言われる手すりがある。              百日紅が咲く

     

    北側にある待合                             露地から高倉橋を望む

     

    厳島神社前から                           高倉橋から                               


                                 
                                          京の庭