庄内交通鉄道線

          昭和4年(1929年)12月開通で比較的新しい、路線長12.2qの電車線。
          機関車や雑多な車両は無く、沿線風景も湯野浜温泉付近を除けば
          極く普通の地方私鉄で、廃止間際は別として訪れたファンも少ないように思う。
          昭和50年(1975年)3月末で全線廃止。

       

    国鉄接続駅・鶴岡。旧庄内藩城下というより旧海坂藩城下として有名?

       

    善宝寺。同寺は海の守護神・龍神の寺てして知られる。交換風景。ここまでの区間列車もあった。
    左は貨物ホーム。                        モハ8 昭和17年(1942年)日車製。元京王。

       

    湯野浜温泉。午後というのに駅付近は静か。「蝉しぐれ」で「蓑浦」として登場。

        

    モハ5(左)モハ1(右)昭和4年(1929年)日車製。開業にあたって製造。後にHB制御に改造。

       

    デハ100形。昭和3年(1928年)昭和5年汽車製。元東急デハ3250形。鶴岡。

      昭和46年(1971年)3月 撮影