凌雲寺 庭園
     臨済宗妙心寺派凌雲寺。稲葉地城主津田豊後守・織田信光(織田信長の
     叔父)の創建。信長が幼少の頃この寺で手習いをしたと伝わる

    庭園
    作庭家・重森三玲に師事した斎藤忠一により昭和56年(1981)
    作庭(改修)された池泉回遊式庭園。
    

   東側入口から反時計回りに巡る

    

    

   

    

        

    

    

   本堂への道

    
   
   参道と門                       本堂。濃尾地震で倒壊、明治31年(1898)再建

    

   庫裏。法隆寺大工の棟梁西宮常一氏の内弟子小川三夫氏により1989年建築。

     

        

   鐘楼               信長草紙掛の松。この辺りで     宝篋印塔。織田信光の
                    子供達と遊んだ伝わる        物とされる

    方丈庭園
     
                ’22.011.23            縁側から撮影
   年一回半日の一般公開らしい。表示が無く強い降雨でだれも来ません。
   見応えある枯山水と紅葉が美しい。来年、晴れたら再訪したい。

     
                縁側から撮影
      
                庭に入る
        

     

     

     
              本堂裏に続く
     

    神明社
    

   鳥居前に「稲葉地城趾」碑。城主は津田豊後守(織田信長の叔父)