南海電鉄和歌山軌道線

            かって、大きな城下町には必ずと言って良い程、路面電車が走っていました。
            路面電車とお城は良く似合います。海南駅前まで乗り野上電鉄へ向かった。
            和歌山電軌は昭和36年(1961年)南海電鉄と合併。南海電鉄和歌山軌道線となる。
            昭和46年(1971年)1月和歌ノ浦口〜海南駅前廃止。 同年3月末全線廃止。 

       

    1001。昭和29年(1954年)東洋製。和歌山市駅。                302?和歌山市駅。

                

    1004。昭和29年(1954年)東洋工機製。                     

         

    703。元三重交通・神都線モ580形。               201。昭和6年(1931年)田中製。

       

    公園前。後に和歌山城。                     711。元三重交通・神都線モ500形。

       

              東和歌山駅前。                709。和歌浦口。木造の信号塔。 

       

    327。昭和38年(1963年)日立製。               301。昭和12年(1937年)大阪鉄工所製。

       

             201。新和歌浦                            323。新和歌浦

       
           
    301。和服で初詣。 紀三井寺。               後に国鉄線。後方の山腹に紀三井寺。
                
       
    
    707。昭和8年(1933年)田中製。浜の宮                   201。浜の宮〜琴ノ浦

       

    253。元秋田市電で都電6000形。海南駅前。               706(左)と1006。車庫。

             
   
    506。元南海でWルーフの半鋼・高床車。           2002。昭和35年(1960年)東洋製連節車。


           昭和46年(1971年)1月 2月  撮影