大分交通耶馬渓線

          大分交通の鉄道線は宇佐参宮線・耶馬渓線・国東線があったが何れも以前は
          独立した会社。宇佐参宮線が昭和40年(1965年)翌年、国東線も廃止になった。
          そこにいた各車両が耶馬渓線・中津に集められていた。訪れた時は未だ全線営業
          していたが中津で撮って別大線に向かった。沿線の光景は地方私鉄1960年代の回想で!
          昭和46年(1971年)9月末 野路〜守実温泉間廃止 昭和50年(1975年)9月末全線廃止

       

    中津車庫。                             広い構内を持つ中津。

       

    キハ50「ちどり」昭和10年(1935年)汽車製。          キハ103「ひよどり」昭和10年(1935年)日車製。
    旧北九州鉄道で昭和26年国東線に配属。           元耶馬渓鉄道。

             

    キハ105「せせらぎ」昭和11年(1936年)汽車製。        キハ503「かみばと」昭和8年(1933年)汽車製。 
    旧北九州鉄道で昭和26年当線に配属。             旧北九州鉄道で昭和26年宇佐参宮線に配属。
 
       

    キハ602。昭和31年(1956年)日車製。国東線に        キハ21。昭和10年(1935年)日車製。元国東鉄道。
    配属されたが同線廃止で転入。同形が紀州鉄道へ。     キハと表記しているがエンジンは無い。

       

    ラッシュ時にDLに牽かれる客車群。手前2両は        ハフ13。昭和6年(1931年)日車製片ボギー式
    「羅漢寺行」後ろ4両は「守実温泉行」のサボ付。       ガソリンカーを付随車化。元国東鉄道。

       

    ハフ16。昭和6年(1931年)雨宮製ガソリンカ‐を          ハニフ22。明治中期小倉工場製。旧九州鉄道 
    付随車化。元宇佐参宮。                     元耶馬渓鉄道。ハ→ハニ→ハニフ

       

    ハフ25。明治中期小倉工場製。旧九州鉄道。         ハフ27。大正元年(1912年)新宮工場製。
    元耶馬渓鉄道。丸屋根に改造された。             旧新宮鉄道。耶馬渓鉄道が払下げを受けた。

       

    ホハ1。明治32年(1899年)日車製。旧九州鉄道。       ホハフ5。明治31年(1898年)兵庫工場製。  
    元耶馬渓鉄道。現役でした。                   旧山陽鉄道。元耶馬渓鉄道。

             

    ホハフ30。昭和6年(1931年)日車製GCを           ホハフ32。昭和3年(1928年)日車製片ボギー式                            
    PC化。旧佐久鉄道、元国東鉄道。              GCをボギー化後にPC化。旧和歌山鉄道。
                                       元耶馬渓鉄道。台車・右側は76E風、左は菱枠。  

       

    ホハフ102。大正10年(1921年)枝光製。             ホハフ502。昭和6年(1931年)日車製GCで
    元宇佐参宮鉄道。オーバーハングの下廻りが見えません。    PC→DC→PC。旧佐久鉄道、元耶馬渓鉄道。 

            

    D31。昭和29年(1954年)汽車製。                D33。昭和29年(1954年)日立製。国東線より。

       

    ホハ1の台車。                           国東線1444の銘板。


             昭和45年(1970年)7月  撮影