日本硫黄沼尻鉄道

          朝日新聞によると電蓄で聞いた「高原列車は行く」はここがモデルだという。
          後に、C56を追って小海線の小淵沢〜信濃川上を訪れた時にこちらと思っていた。
          この鉄道については、その魅力を多くの人々によって紹介されている。
          今更私が出る所では無いが東北シリーズの一環ということでお許し下さい。
          昭和43年(1968年)10月休止 翌年全線廃止。

       

    川桁。

       

    DC121。昭和28年(1953年)協三製。             未だ硫黄を運んでいた。

       

    ボハフ1。明治44年(1911年)雨宮製。            ボハフ11。昭和27年(1952年)自社製。

       

    セタ36。                               ワフ

      昭和42年(1967年)7月 撮影