旧奈良監獄(前奈良少年刑務所)

          奈良監獄として明治41年(1908年)竣工。昭和21年(1946年)奈良少年刑務所となったが
          近年は性犯罪者の更生プログラム実施施設となり20代後半~高齢者まで収容していた。
          2017年3月末で閉鎖されホテルに転用される事になり、その前に一般公開が行われた。
          一部の建物は重文。この日は気温・湿度が高く一部の建物は風通しが悪く見学は大変でした。

     

    表門。多数の刑務官の方が迎える。                 表門背面。地元自治会が記念品を販売中。

     

    庁舎(本館)

     

    庁舎(本館)入った所                          唯一の近代施設。キーボックスで緑か赤の
                                          LEDランプが点灯中。集中センターで監視している?

     

                                           一階監視所から第3寮方面を見る。

     

    第四寮?                                 独居房

     

    二階と一階の監視所                          二階、この扉の先は講堂らしい

     

    第五寮階上。通路中央が一階への明かり取り。          雑居房。3人位収容していたらしい。

     

    中庭。明らかにプールですが正式には「防火水槽」         煙突の手前は入浴場、右は炊場、その先は面会所。

     

    第二実習場。金属加工場で梁に唐草模様の加工がある。    第一実習場。入口前に検身場がある。

     

    第四寮。窓の下にナンバーが書かれている。            拘置監。5月末まで使用していた。

     

    拘置監。3棟あり男女別になっていた。

     

    有刺鉄線。先頃まで現役だった事を感じさせる。          以前の建物の瓦。

     

    行刑者の訓練作品。近くの般若寺楼門(国宝)           行刑者の作品。販売されていた?

     

    実習場。                                 中庭

     

    医務所                                  医務所。治療室?床と壁半ばまでタイル張り。

     

    病舎と同じ建物で第六寮となっているが窓が大きい。       病舎

   

    狂操監。怖い名ですが名のとおり隔離棟。                ギス監獄。江戸時代の牢獄を展示。

     

    領置倉庫                                 倉庫

    表門前で交通整理をしていた方が複数いて警備保障の人かと思ったら刑務官でした(ゴメンナサイ)
    表門以外にも各所に多数いて、仕事柄か一部こわ表(中日の森監督程ではありません)方がいましたが
    質問には丁寧にお答え下さいました。貴重な施設を見学出来、刑務官、スタッフの方々にお礼申し上げます。



                                 
                                          街歩き