鹿児島交通南薩鉄道



 夜行で向かったが伊集院は
 夜明け前で、西鹿児島に向い
 戻った。日置辺りから田圃の中を
 ひたすら走る。加世田駅構内は
 蒸機、古典客車、DC、DLが揃い
 木造駅舎、支社が華を添える。
 遠くとも多くの人々が訪れているが
 引き付ける魅力があった。

 昭和58年(1983年)水害で一部休止。
 昭和59年(1984年)3月全線廃止。

  加世田構内





       

    キハ104。国鉄接続駅・伊集院。

       

    キハ103。日置。交換風景。                  日置。給水塔が残る。

       

   キハ103。阿多付近。                        草が茂る阿多駅。左手に旧知覧支線が
                                        伸びていた。広い構内には廃車群があった。

       

    加世田。朝のラッシュ?何故か女性ばかり。        ヤードにDCが並ぶ。

     

       左手に加世田支社。栄華を偲ばせる。     右手に加世田駅。解放的な待合所。

       

    加世田構内の蒸機廃車群。                 [1] 大正2年(1913年)独ハノーバ製27.4t機。

       

    [2] 開業にあたり3両購入した。1と2が旧加世田駅跡に建つ南薩鉄道交通記念館保存されている。

       

    [4] 大正15年(1926年)日車製。増備車。         「5] 昭和5年(1930年)汽車製。枕崎延長に備え。

       

    [12] 昭和12年(1937年)汽車製。国鉄C12形。       [13] 昭和23年(1948年)日車製。 
    
             

     [14」 昭和24年(1949年)日車製。              DD1201。昭和36年(1961年)三菱製34.5t機。                           

             

   キハ103。昭和27年(1952年)川崎製。             キハ302。昭和29年(1954年)川崎製。
   国鉄キハ07形タイプ。6両購入。                 国鉄キハ16形タイプだが機関が異なるも
                                       後に統一。国鉄西鹿児島乗り入れ用。3両購入。

       

    テフ25。明治15年(1822年)新橋工場製。         ホユニ66。大正11年(1922年)岡部製。
    旧省ユニ3966。貨物廃止まで活躍!           旧鹿本鉄道。現役木造車でした。

       

    ホハフ68。大正12年(1923年)日車製。            ホハニ59。昭和4年(1929年)日車製。 
    旧鳳来寺鉄道ホロハ。                      枕崎延長に備えで増備された。

        昭和44年(1969年)9月 撮影

       

    余談ですが・・・
    カツミ製Cタンク。5号機をプロトタイプと            珊瑚製キット。私の腕では無理のようです。
    している。後期製品。

       

    珊瑚製キットを組みました。テフ58。             ハフ53。2両とも実車は見ていません。