山電

          ここを訪れたのは比較的遅く昭和46年に関東鉄道へ行った際に寄った。
          沿線は住宅が建ち並び、乗客数も伸びモハ1101+クハ53が入りモハ103が
          休車(廃車)なっていたものの未だ100形が主力でした。流山駅と車庫構内は
          給水塔や貨物ホームもあって往時のままだったが、その後は御承知のとおり。
          
       

    馬橋・国鉄との共用ホームに停車中のモハ1001。      流山線専用ホームの工事が進んでいる。

       

   流山駅。退色が激しいので参考として下さい。          駅本屋は今もそのまま?

       

     モハ1001(左)とモハ101                     モハ101。昭和3年(1928年)汽車製。
                                         左後方車庫内にモハ1101がいる。

       

    モハ102。昭和6年(1931年)汽車製。              モハ103。大正15年(1926年)汽車製。休車?
    モハ100形(101〜105.104欠)は電化の際に国鉄から払下げられた、所謂買収国電で元は南武鉄道。
    14m級の小型車で製造年次により細部が異なる。入線の際、機器が更新されている。

       

    モハ105。昭和6年(1931年)汽車製。              モハ1001。昭和2年(1927年)日車製。前西武(元武蔵野)

       

    クハ51。大正15年(1926年)川崎造船製。           クハ52昭和2年(1927年)日車製。前・西武
    国鉄払下げ車で元豊川鉄道。100形と組む。         元武蔵野でモハ1001との固定編成。

       

    DB1。昭和27年(1952年)森製。馬橋駅の           サハ31。昭和8年(1933年)汽車製2軸ガソリンカー。
    貨物入換機だったが既にこの頃は休車。           サハ化されたがクハ52の入線で廃車。今も保存中。

             昭和46年(1971年)3月  撮影