名古屋市電 菊井町〜浄心

          柳橋(菊井町)から押切間は名古屋電鉄時代に開業しているが、柳橋まで乗り入れいた
          郡部線(鉄道線)が現在の名古屋駅にルート変更になってからは、名古屋駅前からの
          各方面への輸送の大半を担う浄心車庫の電車の入出庫線みたいな線になり、
          乗客比べ運行本数は多く便利だった。
          昭和47年(1972年2月末 廃止

       

    菊井町。後方のパチンコ店はオフィスビルになりました。   外堀線はここで右折。

             

    押切町。西区役所(中央後方・現在は移転)を訪れる人々で賑わった。その前は名鉄押切駅でここから                     
    鉄道線の車輛が柳橋駅まで乗り入れていた。その頃の敷石が昭和40年頃まで残っていた。

       

    押切町。東海銀行はマンションになった。            天神山〜押切町。この辺りは今も変わらない。        

       

    天神山〜押切町。カーペット屋さんは今も盛業中。      1633。地下鉄開業に伴う名古屋駅口の
                                        乗客減少により2扉車が浄心車庫に配属された。

       

    天神山。近くに高校が2校あり賑わったが今は浄心から地下鉄を利用する人が多くなった。

       

    浄心〜天神山。右折すると終点は近い。            2019。15号系統(名古屋駅前〜浄心)は
                                        系統図には表示されなかった。

       

    浄心。バス車庫は高層住宅の裏に移動。           2017「臨」「名駅降車口」

       

    浄心運輸事務所。低層階は銀行や店舗            裏手に右に電車車庫があった。左隣の
    生涯学習センター、上層階は市営住宅。            バス車庫は現存する。中央のテントが
    高架下に地下鉄鶴舞線浄心駅が出来             有る所が配車所(運転指令室)で「何号は
    人の流れが変わった。                       今何処」とよく尋ねた。

       

    浄心車庫。最優秀車輛の2000型はここに         昭和38年の様子。中央右は1052(高床車)
    全車配属されたがワンハンドル操作がネックに      建物の奥にトラバーサが有った。庫内には
    なったのか車庫廃止と共に全車廃車になった       花電車用の単車もいた。

       

    浄心車庫に小型車の900型が現れ驚いた。          大型車1314が配属されラッシュ時には
    来た頃は前後の扉が折戸だったが外吊り           大活躍したがワンマン化されることなく
    引戸に改造された。後に豊橋鉄道に移った。         廃車になった。


                            
                                     系統図