名古屋市電 熱田駅前〜西稲永

          沿線の名古屋港はその後、拡張が続き今やその貿易額と
          貨物取扱量は日本最大級となり、市電が走っていた界隈も
          水族館を中心とする大型遊戯施設や大型商業施設、旅客線が
          出来、様相が一変している。現況は寒い日曜日に撮影したので
          交通量は少ないが平日や行楽シーズンは混雑する。 
          昭和46年(1971年)11月末  廃止

             

    白鳥橋〜船方。国道1号線から左に折れる。         1605。51号系統                

       

    船方。ここで江川線(左)と合流していた。           1409。20号系統「金山橋」行き

             

    南一番町〜千年。陸橋の先が新幹線。            1906。20号系統「金山橋」行き
     
       

    労災病院前。建設中だった病棟は建て替えられた      1700型。20号系統「金山橋」行き

             

    築地口。名港側は道路拡張された。              日比野〜名古屋港間廃止後             
    熱田駅方面から西稲永方面直通に線路変更され20号系統は金山橋〜西稲永間に変わった。

             

    築地口〜築三町。後方のユニーは無くなった。        1906。20号系統「金山橋」行き

             

    築地口〜築三町。道路に組み入れられた。          1411。国鉄臨港線を専用軌道で跨える。             

       

   大手橋〜一洲町。道路に組み入れられた。           1402。荒子川を専用軌道で渡る。  
   左のポンプ所は整備、建て替えられた。

       

    大手橋〜一洲町。中電名古屋火力発電所は         1917。道路から分かれて専用軌道へ。
    ショッピングモールやゴルフ練習場等になりました。               

       

    大手橋〜一洲町。後方はあおなみ線。             1917

             

    大手橋〜一洲町。                         1913

       

    一洲町。西臨港線はあおなみ線(旅客線)に         西臨港線と平面交差
    なり交差位置に稲永駅が出来ました。     

       

    一洲町〜稲永町。                         801。52号系統「大津橋」行き

       

    稲永町〜港西小学校前。道路拡張で面影は無い。      1903

       

    港西小学校前〜西稲永。市営住宅は              1700形。
    高層住宅に建て替えられた。    

             

    西稲永。この先に輸出自動車の積み込み           1700形。後方の市営住宅も高層住宅に
    埠頭が有り、平日は混雑する。                  建て替えられた。

       

    西稲永。賑わった商店街は、今はひっそりしていました。


                            
                                     系統図