水島臨海鉄道(倉敷市交通局)

          当時は倉敷市交通局といい、貨物主体の鉄道で「倉敷市」駅は国鉄駅から離れた
          貨物ホーム?だった。水島へ向かったがここのヤードの広さに驚いた。
          45年ぶりに訪れた。全線の殆どが高架になり沿線は市街化していて、車両は
          入れ替わっているのは当然としても、何か別の鉄道に訪れた様な気持ちだった。

       

    貨物ホーム&倉庫の駅舎は建て替えられました。      キハ310。昭和11年(1936年)加藤製。
    JR(国鉄)駅からこんなに近かったか?倉敷市        旧中国鉄道で国鉄買収、後に払下げ。

       

    水島                                  三菱自工前 
              
       

    キハ312。昭和9年(1934年)日車製。              オハフ30オハ31形。元国鉄でラッシュ時用。
    元国鉄キハ0432

       

    ホフ301。昭和5年(1930年)日車製。              フハ92。大正14年(1925年)日車支店製。
    旧芸備鉄道で国鉄買収、後に払下げ。            旧五日市鉄道で国鉄買収後に払下げ。

       

    MRT302(左)MRT306(右)新潟規格車。運転速度が低く本来の性能が発揮出来ない。

       
 
    キハ20形。国鉄払下げ車でワンマン化されず平日のラッシュ時に2マンで活躍する様です。
    
       

    DE701。1971年川車製国鉄DE11同形70t機。         DD506。昭和41年(1966年)日立製50t機


        1967年(昭和42年)8月  2012年8月  撮影