三井三池炭鉱専用線

          最初、万田方面へ行ったが車庫は有ったが車両は居なくて、結局港務所へ向かった。
          静まり返った第二組合事務所前を過ぎると新聞やテレビで見たホッパーが目に入った。
          最盛期は過ぎていたものの大規模な施設はそのままで運用されていた。
          1997年閉山により三井化学専用線として残った区間以外は廃止された。
          電機は現役4両以外に保存車両があり主要機は残っている。

       

   31が牽く旅客列車。後方にホームがある。31と32は20t機で客車を牽くことが多かったようです。

       

    積んでいる?下している?                      ヤードを行く5。

       

    4(左)6(右)明治41年(1908年)GE製15t機。運転席へは窓から足を先にして入りブレーキを足で回す。

       

   3。明治44年(1911年)ジーメンス製22t・2軸機。          8。大正3年(1914年)三菱造船製コピー機。

             

    13。昭和3年(1928年)自社製22t・2軸機。             18。昭和12年(1937年)芝浦製45t・D型機。                                     

       

    32。大正12年(1923年)自社製20t・2軸機。            ホハ200形。昭和25年(1950年)日車製モハ63タイプ。

       

    コハ100形(左)コハ101(右)昭和23年(1948年)東芝製。木造客車の台枠・トラスト棒を使用。
 







 大蛇シティ未来号
 子供倶楽部inOMUTA



 K君 写






             昭和44年(1969年)9月  撮影 (大蛇シティ未来号を除く)