明治村 N電の思い出

          明治村の京都市電は2010年12月20日から蒸機と共に長期運休に
          なっていたが、2012年9月15日より再開される事になった。
          開通時は入園者が非常に多く又、N電の人気も高く大勢の人が電停に
          並んだ。初めは併用軌道を走ると思っていたが、あの人出では危ない。
          以来、家族と共に時々訪れ乗車したがいつも混みあっていた。
          
       

    京都から運ばれ西尾車庫(現存しない)にて保管中。車の内外とも京都時代のままでした。8(左)と15
    北野線時代の訪問は叶いませんでしたが、車両は各地で保存されていて訪ねた事もある。昭和38年(1963年)

 

    モ26も明治村で使用する計画があり岐阜から
    移ったが後に解体された。

     
 
    開園の頃は静態保存。                旧岐阜工場(新岐阜駅前)で動態保存への改造が
    昭和40年(1965年)8月                   終了した頃。後にPRを兼ねて岐阜市内を走りました。
                                  ビューゲルに注目!   昭和42年(1967年)1月

       

    雨とはいえ誰も乗っていませんので試運転中かもしれません。以下6カット  昭和42年(1967年)4月

       

    雨具を着て運転。                         ポール廻し。

       

    変電所は撮影出来ませんでしたが北陸鉄道から回転式整流機を移設した。見えない所にも凝っていました。

 

    大勢の人が乗車待ち。  昭和50年(1975年)

   
                      ’12.09.30
    2012年9月23日運行が再開されました。「 運行再開 2012.9.23」ヘッドマークが掲げられました。