万葉線 (加越能鉄道高岡軌道線)
 
          加越能鉄道から第三セクター「万葉線株式会社」になり
          施設の改良に加え、アイトラムが入線して魅力倍増!
          今後が楽しみ。在来車の改良は困難なのでしょうか?

       
  
    高岡駅前 1
    1002。乗降りも楽、加減速も滑らか。(A)         デ7053。昭和36年日車東京支店製。  (C) 

       

    高岡駅前 2
    あまり変わっていない。    (A)              デ5023。昭和25年日立製で富山地鉄から。(C)
                                       
       

    高岡駅前 3
    デ7076。2線の跡が残っています。 (B)         左のデ5023「中新湊」右は「伏木港」行き。 
                                      米島口〜伏木港は昭和46年9月廃止。  (C)

       
   
    米島口
    デ7074。専用線へ。     (A)               左線直進は「伏木港」行き。      (C)

       

    1001。線路が改良された区間の              デ5024。昭和25年日立製。富山地鉄より
    乗り心地は良い。  片原町  (A)            分離後もそのまま残る。   米島口車庫  (C)
                                        

       

    デ7061。昭和40年日車東京支店製。越ノ潟(B)     デ5027。間接総括制御に改造。 米島口車庫(C)

       

    庄川橋梁を行くデ7061。        (B)

       

   デ7076。沿線は変化に富んでいる。 (B)          デ7074。冷房改造は??       (B) 

       
 
     デ7073とデ7076                       デ7062。富山地鉄のデ7000形と同型だが  
     本丸会館前。電停が越ノ潟よりに移転         ドア配置が異なる。  米島口車庫 (C)
     安全地帯が出来ました。(A)

       

     デ5022。今冬は大活躍!   (A)            ボ1。元富岩鉄道。除雪車。米島口車庫 (C)

    撮影年月  (A) 2006年3月   (B) 2000年3月    (C) 1966年(昭和41年)10