三菱鉱業大夕張鉄道

          シュウパロ湖の畔を行く雄大な鉄道で規模も大きく、内地から訪れた私は
          これぞ「北海道」と感激した。キューロクが主力機で規模が違う!
          3軸台車の現役客車はここだけ?乗客も列車本数も多く活気があった。
          その後DL化される等近代化されたが、炭鉱の事故や国の政策転換、
          円高ドル安で炭鉱が閉山される事になり、先駆けて同線も廃止された。
          昭和62年(1987年)7月全線廃止。

       

    3が牽く混合列車。    清水沢                 入換え中。      清水沢
                                       

      

    6が牽く混合列車?   大夕張                7が牽く混合列車到着。  大夕張

       

     3。昭和12年(1937年)日立製自社発注車。国鉄9600形でテンダーがC56形。

       

    6。1913年川崎造船製元国鉄49695。三菱芦別線から。  7。1921年川崎造船製元国鉄9613。三菱芦別線から。

       

    オハ1。昭和26年(1951年)北海道陸運にて改造。       ナハフ2。昭和28年(1953年)井出組にて改造。

       

    ナハ5。昭和34年(1969年)泰和車両にて車体新製。      スハニ6。昭和29年(1959年)改造。三菱美唄より。

       

    ワフ5。昭和33年(1968年)泰和車両製。            ハ1。昭和26年(1951年)井出組にて改造。

 

    9201のメーカーズプレート。

             昭和42年(1967年)7月  撮影