名鉄 一宮線

          名古屋電鉄郡部線の本線ともいえる区間で大正元年(1912年)に西印田まで開通し
          翌年、東一宮まで延長された。昭和10年(1935年)名岐線が開通すると本線はそちらへ
          枇杷島橋から岩倉間は犬山線に編入され岩倉〜東一宮は一宮線となり戦時中には
          単線化された。国道22号線(名岐バイパス)の建設に伴う立体交差問題で廃止された。
          この頃は本線でパノラマカーが大ブレイク、岩倉支線と同様同業者を見掛けることも
          無く、地元の関心も薄く静かな最期でした。
          昭和40年(1965年)4月 廃止 

       

    岩倉。旧一宮線ホームが犬山線本線になった。       こんなに多くの客があるのに廃止しなくても・・・
    車庫跡に名鉄スイミングスクールが建った。         日中は左の車庫線には電車はいなかった。

       

    岩倉駅を出るとすぐ左にカーブし犬山線と           名草線の跨道橋がそのまま残る。
    離れる。ここから花岡駅跡付近まで道路になり代替バスも一部区間走る。

             

    元小山駅跡。                            羽根駅跡。

       

    浅野。駅前の農協は現存。                この頃には開業時の大型駅舎は
    交換設備があったが日中は使用していなかった。   解体され更地になっていた。

       

    浅野〜印田。国道22号線(名岐バイパス)と交差。      建設中の国道22号線。ここが問題の場所。
    高速道路も出来た。
    
      

    印田。電車の左後方の工場は確認出来なかった。この頃の名鉄は土曜日に廃止し日曜日からバス化した。
    注:徳田耕一著「名鉄の廃線を歩く」ではこの位置としているが、1970年頃の地図に後方の工場らしき
    建物が表示されていて今は県営住宅や自動車販売店になっている。

       

    左のヤクルト販売店の左に鉄塔が有るが           右が工場跡に建つ県営住宅。
    当時の写真に写っていないのでこの辺りか?徳田氏の記述より一宮寄りになる。        

       

    道幅が急に広くなる。西印田駅跡??            花岡〜東一宮間の大江川の両岸に橋台が残る。

           

    右建物はコンビニになった。電車が花岡駅に停車中で多くの乗降客がいるが近くの花街へ
    行くには時間が早い(笑)花岡駅付近から東一宮間は売却され民家が建っている。

       

    東一宮付近。名鉄不動産の月極駐車場になっている。    線路跡に屋台が沢山置かれている。

           

    東一宮。廃止後名鉄丸栄百貨店(後に一宮名鉄百貨店)が建ったが閉店しマンションに建て替えられた。

       

    東一宮。開業時の駅舎でしょうか?国会図書館の資料ではこの駅付近は戦災から免れている。

       

    東一宮。ホームの左側はバスターミナル。          右後方の三和銀行はマンションになった。


     昭和39年(1964年)  昭和40年(1965年)   撮影