呉市電

          1967年(昭和42年)の訪問。日中はワンマンカーのみで料金は2区間制。
          日中20分ヘッド、ラッシュ時で15分ヘッドに驚く。廃止が噂されていたが
          路面電車で、これでは夏の昼下がりとはいえ乗客も少くなる。
          国鉄線に並行して走っていたので、呉から広まで乗りながら撮影した。
          昭和42年(1967年)12月全線。

       

               1003。川原石                        3001。呉駅前?

            

               2001。四ツ道路?                     3003

             

              3004。阿賀駅前?                     阿賀駅前

       

              3006。広交差点?             後方は国鉄呉線(当時は未電化)と
                                      思うが橋脚が細いので?          

       

    車庫(安芸阿賀駅付近)                    100形 102 
    広い車庫でした。800形を見掛けなかった。         昭和25年帝国車輌にて車体新造。

       

    500形 501                             600形 608
    昭和5年日車製。元武蔵中央1形で芸南           昭和24年広瀬製。601〜607は木南製
    時代に入線。「廃車」のサボが付いている。         3扉で全く異なる。「救援車」になっていた。
 
       

    700形 701                             1000形 
    昭和27年富士車両製。ラッシュ時のみ            昭和28年ナニワ製。軽量車体に                      
    動いていたようです。後方は単車の102。          なりました。伊予鉄道に譲渡直後の姿。 

       

    2000形 2003                            3000形 
    昭和36年ナニワ製。軽量車体に                 昭和36年601〜607を自社で
    空気バネ台車が付いた。                     2扉、ワンマンに改造した。

               1967年(昭和42年)8月 撮影