熊川宿

          若狭街道(鯖街道)の近江との峠に近い若狭側の宿場。戦国時代は軍事上の
          要衝として整備され、江戸時代は街道随一の宿場町として栄えた。近代以降
          鉄道が開通した物のこのルートは通らず、人・物の流れが変わり衰退したが
          建物群はそのまま残り、重要伝統的建造物群保存地区に選定された。

     

    熊川番所付近                             復元された番所

     

    上ノ町の家並み。宿に沿って流れる清流が心地よい。

       

        

    中ノ町。主要施設が集まる。旧逸見勘兵衛家           宿場館。伊藤竹之介寄進の旧熊川村役場。
    住宅。伊藤忠商事二代目社長伊藤竹之介生家。         昭和15年竣工。

        

     旧逸見家前辺り                           旧問屋「菱屋」勢馬清兵衛家

     

    覚成寺

        

    白石神社。この地区の氏神。祭礼には山車が出る。       白石神社辺り

        

    得法寺。家康は越前朝倉義景を攻める際に            衣料品「タカケン」商店。営業中。
    ここで泊まり敦賀に向かったという。 

     

    松木神社。若狭の義民松木庄左衛門を祀る。          熊川宿で最も古い町家・倉見屋荻野家住宅辺り

     

    下ノ町。元旅籠?                             

     



                                    
                                          街歩き