熊本電鉄

          訪れた頃の熊本は写したい車輌が一杯!フィルムが高価で我慢。
          熊延鉄道は無くなっていたが、熊電も市電も元気で国鉄熊本駅付近は
          蒸機の煙で真っ黒、遠くからでも駅の位置が判った。
          熊電ではLRTを提案しているが富山の例を見ると良いと思うが自治体の
          協力と市民の理解がないと難しいい。名鉄の二の舞に成らぬようにしたい。

       

    変わり過ぎて見当がつきません。                    モハ302。   藤崎宮前

       
 
               藤崎宮前〜黒髪町             モハ71。支線で活躍中。北熊本
 
       

      JR上熊本駅舎。未だ現役!右手に熊電駅。        モハ5100形(元東急デハ5000形)上熊本

       

                御代志 

        

     モハ71(左)とモハ73。(買収国電・元広浜)昭和3年(1928年)日車製。11m級の小型・直接制御車。  

       

    モハ101。昭和19年(1944年)日立製。            モハ122。旧南武。昭和6年(1931年)汽車製。

       

    モハ301(左)とモハ302。元小田急デハ1100形で昭和35年(1960年)入線。昭和3年(1928年)日車製。

       

    モハ201(元南海22004)とモハ6000系(元都営6000形)    サハ53。モハ50形の電装解除車。

                                           
                  2004年8月 U君    昭和42年(1967年)9月   撮影