弘南鉄道 大鰐線 (弘前電鉄)
                    
          昭和43年と昭和46年に訪れているがその間の1970年(昭和45年)10月1日
          弘南鉄道に経営権を譲渡して弘前電鉄は解散した。大鰐線となってからは
          弘南線から古い車両が入線したが、今は元東急デハ7000形で統一された。
          一時、存続問題が出たが今は静まった様です。

      
 
    中央弘前付近                                

       

                                        大鰐

       

                                        西弘前

       

    モハ100形。大正14年(1925年)日車東京支店製秩父鉄道の木造車体に新品の機器を付け
    大改造して入線。後に半鋼化された。 

       
                                       
    モハ102。昭和35年(1960年)車体更新。           モハ107。元秩父デハ50形?昭和17年(1942年)木南製。

       

    モハ108。京急デハ400形車体に機器を付け改造。昭和42年(1967年)西武所沢工場

        

    モハ2233。旧武蔵野、元西武230形。弘南線              
    より入線。昭和(1928年)川崎造船製。                   

       

    クハニ200形。元国鉄サハ19形。大正7年(1918年)日車製木造車を大改造。モハ105と組んでいる。

       

    クハニ203。弘南鉄道になり塗装が変わった。        クハ201。元小田急クハ1459。1927年藤永田造船製。

       

    クハニ1281(左)とクハニ1283?(右)弘南線より入線。元富士身延。昭和3年(1928年)日車製。

       

    デハ7000形とデハ6000形。元東急。              デハ6000形。今はあまり活躍していない様です。


    昭和43年(1968年)7月  昭和46年(1971年)3月  1980年7月Kさん写  2005年3月 U君写  撮影