京阪 京津線

           1997年10月京都地下鉄東西線開通に伴う乗り入れで大きく変わりました。

       

    三条
    京阪線地上駅時代。                       83。この4カット各電車窓全開!

       

    279                                  84

       

    京津三条
    京阪線は地下化されましたが建物は残っていた様です。
           
       

    京津三条付近                           跡地にレストランなど商業施設が建つ。

       

    東山三条                              東山三条〜蹴上
    地下鉄東西線開業直前の画像は80形と600形のみでしたので個別の番号は表示しません。

       

    東山三条〜蹴上                         蹴上

           

    蹴上〜九条山                           

       

    九条山                               九条山〜日ノ岡

       
    
    日ノ岡付近                             日ノ岡
    80形は登場時、非常に話題になりました。2両固定、正面窓がHゴムになり印象が変わりました。
 
       

    日ノ岡〜御陵                           御陵付近

             

    四宮
    ホーム改良が成った。                      800形。地下鉄東西線乗り入れ車。              
                                          
        

    62(左)63(右)1934年(昭和9年)車製「びわこ」号で天満橋〜浜大津間直通運転用として登場したが
    この頃は京津線各停で活躍。   

       

    55。1933年(昭和8年)田中製。日本初の回生      81(参考)
    ブレーキ車で勾配抑速ブレーキも付いていた。

              

    四宮車庫 
    80形が揃う。                            電留線になり検車は錦織車庫に集約。           
                                       
       

    23。1914年(大正3年)天野製を鋼体化。元京津電軌16形でボールドウィン製マキシム台車を履く。
    京津線各停で活躍したが、80形の増備でこの形式から廃車が始まりました。 

             

    278。200形の機器を流用し1963年(昭和38年)        82。昭和36年(1961年)近車製。山科?
    日立で車体新造。第3次車で両開き扉・片運車。                

            

    上栄町〜浜大津

      

       

    浜大津
                                       72。1948年(昭和23年)100形の機器を流用
                                       50形タイプの車体を新造。仲間は登場直後に焼失。

       

    石山坂本線の駅に統合された。                右建物辺りに浜大津駅(京津線)があった。          
 
                                                                   
    
    1964年(昭和39年) 1966年(昭和41年) 1994年9月 1995年 1997年 2007年9月 2008年8月 
    2014年9月   撮影