鹿児島市電




 意欲的な車両が揃い
 街も活気があるとか。
 路面電車の新時代を
 感じさせてくれます。






 9501と1012。現在の主力車。          
 1000型は純国産の低床車。
 アルナ製。  鹿児島駅前








       
   
               鹿児島駅前                  国鉄鹿児島本線越しに桜島を望む。
                                       
       

    513。600型と共に当時の主力車。都電7000が        808。元大阪市電2601形を改造。
    モデル。昭和30年(1955年)東洋工機製。           すっかり変わりました。鹿児島駅前

       

    823。後に機器を9501に譲る。天文館通                    高見馬場

       
        
               1016。超低床車。             826。昭和42年(1967年)から順次入線。高見馬場
                                      


 西鹿児島駅前も変わりました。
 35年も経てば当然かもしれません。

  
  

  花1 珍しくなりました。




       

    506。現在も活躍中。                       513。こちらも活躍中。西鹿児島駅前   

        
                                         
                                        816。800形は最終32両になった。

          
              
    都元。                                601(左)461(中央)交通局前?

             

    214。元大阪市電800形を改造。11m級中型車。       410。元都電。1957年自局で車体新造。                                 

       

    613。昭和37年(1962年)帝国車輌製。現存。        704。元大阪市電3000形を連節車に改造。

       

    貨1。昭和34年(1959年)自局製。               305。元都電。1955年車体を自局にて鋼体化。

                                                                                                  
           1969年(昭和44年)9月    2004.8 U君    撮影