伊豆急行

          開業以前から非常に話題になった鉄道で、開業時に用意された車輛も多彩で
          評判になった。開業以来順調のようで自社車輛がJR東京駅まで乗り入れている。
          ファンも多く雑誌その他で開業以前から多くの記録が記されている。
          訪れたのは開業3年後の昭和39年(1964年)4月で今回(2013年8月)約50年ぶりに
          再訪問した。伊豆高原まででしたが、話には聞いていたがその変貌ぶりは凄い!
          ローカル私鉄の範疇に入らない鉄道ですが参考としてUPします。

       

    伊豆急下田駅。開業時にモハ100系が22両用意されたが翌年から増備が続いた。

       

    国鉄153系乗り入れ車。                      クハ153。伊豆高原は寂しい所だった。

       

    サロハ153。車体外観は一般車と同じ。             サシ191。サントリー「スコールカー」

       

    クハ3677。東急からの借入車。                  デハ3612。東急からの借入車。

       

    ED2511。昭和19年(1944年)日車製40t機。          デハ3608。東急から工事列車牽引用に借入
    前豊川鉄道。貨物需要はあったようです。           開業後は貨車を牽引したがED2511と交代。

          

    熱海                                  伊豆高原

 






 2100系「黒船」

 
 5カット
 伊豆高原〜伊豆大川
 
 露出オーバーです
 ゴメンナサイ













 


 8000系3連










  





 「リゾート21」ではなく
 「ガリガリ君」が運用に
 入っていました。












    

    踊り子号。                              スーパービュー踊り子号。

       

    伊豆高原駅舎・桜並木口。駅周辺の変貌振りに        車庫も大拡張。
    驚いた。


             昭和39年(1964年)4月  2013年8月   撮影