福島臨海鉄道          

          訪問時には蒸機はなく、日中の旅客列車はキハの単行でDLはヤードにいた。
          小名浜臨海鉄道から福島臨海鉄道になって株主構成も変わり産業鉄道に
          脱皮しつつある頃で、DLの増備もあったが話題に上る事も少なくなっていた。
          かって構内を埋め尽くしたという古典タンク群を見たかった。
          東日本大震災により被災したが一部区間で運転を再開した。
          この度の東日本大震災により被災された方々にお見舞い申し上げます。
          被災地の一日も早い復旧・復興をお祈りします。

       昭和42年(1967年)4月小名浜臨港→福島臨海  昭和47年(1972年)9月末 旅客営業廃止

       

    国鉄接続駅・泉   キハ102。昭和3年(1928年)加藤製、新潟改造。元中国鉄道。   小名浜

       

    キハ103。昭和28年(1853年)日車支店製。         ハフ7。昭和5年(1930年)汽車製。元九州。

       

    キサハ8。昭和6年(1931年)日車製。元新宮。       DD451。昭和38年(1963年)冨士重工製45t機

       

    DD501。昭和33年(1958年)新潟製50t機          DD552。昭和45年(1970年)新潟製55t機

      昭和45年(1970年)6月 撮影