福島交通飯坂線

          当時は軌道線に重点を置いていて、軌道線を撮りながら湯野町まで行き飯坂温泉
          からは当時車庫のあった曾根田へ向かい撮影し福島駅を経て又軌道線に向かった。
          二度目は軌道線のみで飯坂線は写していない。開通当初の国鉄福島駅付近は
          併用軌道で昭和17年専用軌道にて福島駅に乗り入れている。車両は路面電車形から
          徐々に大型化して現在は元東急ステンレス車に統一された。豊橋鉄道渥美線と同じ
          ような道を辿っている。10kmに満たない線で小型車ながら新造車もいて変化に
          富んでいたと思うが、全線乗って写したのはこの6カットのみです

            

    モハ1203。昭和30年(1955年)日車製。             モハ1204。昭和23年(1948年)手塚製作所製。                              

       

    モハ1205。1204と同型だがこちらは現役でした。       モハ1209。昭和27年(1952年)宇都宮製。

       
 
    モハ5012。昭和38年(1963年)日車製連接車。全長15.6mで在来車と揃えてある。

             昭和42年(1967年)7月  撮影