広島電鉄

           最初は一畑電鉄、日の丸・法勝寺線を経て、二度目は九州と呉線のC62とC59を
           兼ねて訪れた。国内では一番元気のある路面電車でいつ訪れても楽しい。
           Maxに乗ってからUPするつもりでいたが、中々機会がないので見切り発車に
           なりました。今回は形式が多いので形式順としましたが新しい車両は次回で。
           例によって初期の写真はフィルムの状態が良くありませんが参考として下さい。

       

    100形 101                              貨50形 52
    イベント用。                              花電車用に750形を改造。

       

    400形 406                               418
    車体は自社製。単車で戦前製ながら軽快なスタイル。30両製造され主力として活躍中だった。

       

    450形 457                            200(二代目) 238
    こちらも自社製車体で400と似ている。             ハノーバーから来ました。

       

    500(二代目) 505                       550形 555
    昭和28年ナニワ製。大都市並みの車両を           昭和30年ナニワ製。全金属製。
    新造。後に冷房化されたが全車廃車された。         冷房化され1両残るが運転されない。 

             

    600(初代) 601                           600(二代目) 602
    昭和17年加藤製。広電初の新造ボギー車。          昭和23年汽車製。元西鉄北九州線
    高床車ながら意外に遅くまで活躍。                500形。1両のみ残る。右に582がチラリ。

       

    650型 653                               655 
    昭和17年木南製。高床車、3扉で中央は両開き。655は戦災復旧車で車体が異なる。
    「被爆電車」として知られる。低床、冷房化が行われたが今も2両残る。
   

       

    700(初代) 703                          700(二代目) 706
    初代500形(元京王)の機器を流用して             昭和57年以降にアルナで新造。
    昭和23年日立笠戸で製造。高床車。              流行のスタイルになりました。

       

    750形 757                              761  
    元大阪市電で同一形式になっていますが3形式あり、757は元1601形でこのグループは
    貨51.52に改造された以外は廃車。761は元1651形でこのグループは冷房化され一部現存。 

       

    800(初代) 808                         809
    昭和26年ナニワ製。京都市電800形と同タイプ。前後扉車の為ワンマン化は1両のみで
    他車は比較的早くに廃車になった。

             

    800(二代目) 802                        808
    昭和58年から平成9年に亘ってアルナで製造された。その為車体の形状が号車によって
    異なるが電機子チョッパ制御、カルダン駆動、シェブロン台車等主要機器は変わらない。

             

    814                                   850形 853
    800形最終モデル。                         昭和33年ナニワ製。鉄道線乗り入れを
                                         考慮し、出力大きくなり間接制御になった。
                                         350形に改番され今は市内線用。

       

    900形 905                                910
    昭和32年大阪車輌製。元大阪市電2601形で昭和44年入線。一部冷房化されず廃車になった。

       

    1100 1102                          1150形 1154
    元神戸市電1100形で1102は昭和29年             元神戸市電1150形で1154は昭和31年  
    交通局製。冷房化もされたが全車廃車。            川車製。1156のみ予備車として残る。

       

    1900形 1901                               
    昭和32年ナニワ製。元京都市電1900形。            
    早くから冷房化され15両全車活躍中。             

       

    2000形 2004                            2009
    昭和38年自社製。市内・鉄道線直通運転用。その後2両固定編成、冷房化されたが今は休車。
 
             

    2500形 2503 
    昭和36年ナニワ製。初の連節車だったが後に3連節化され3100形になり印象も変わった。                            

       

    3000形 3003                           3002 3003
    昭和37年日立製。元西鉄・福岡市内線1200形。直通運転用から市内線用になった。

 

    3900形 3902
    1990年アルナ製。3連節車で3800形
    の改良形。出力が強化された。 

       

    3950形 3955                            5000形 5001
    1998年アルナ製。愛称「グリーンライナー」          1999年シーメンス製。愛称「グリーンムーバ」
    3900の発展形。スタイルも変わりました。           5車体3台車の超低床車。話題になりました。

            

    広島駅前 1

       

    広島駅前 2

       

    紙屋町

         

    広電本社前                               

       

    江波                                   宇品

       

    千田車庫                               江波車庫


    鉄道線

        

    1010形 1014
    大正12年梅鉢製。この頃は2両編成で
    ラッシュ時のみの運転。「五日市」のサボを付けている。

       

    1030形 1035                            1050形 1053
    昭和5年川車・藤永田製。火災復旧で              元阪急(京阪)で昭和28年ナニワで
    同形式の他車とは異なる。                    車体を更新。その後幾多の改造があった。


            1966(昭和41年)  1970年(昭和45年)  1999年  撮影