富士急行
       
          大月から車庫のある富士吉田へ向かい、車庫内を写して直ぐ折り返している。
          何故そんなに急いだのか記憶が無い。当時も今も国電(JR東)が乗り入れている。
          その後の自社発注車に加え元京王と元JR東の通勤車と特急車両が入っていて
          ここにUPした車両は現存しない。
          今後とも頑張ってほしい。再訪問したい鉄道でもある。

       

    国電乗り入れ車。                         クハニ802

 

    モハ507。参考として下さい。

             

    富士吉田(現・富士山)駅。                    モハ602。元国鉄モハ10形で日車にて車体新造。
                                        制御器等が異なる為休車。後方はモハ3100形事故車。

       

    モハ3600形。昭和27年(1951)以降にモハ1形の機器を流用し日車にて車体新造。両運。

       

    モハ3633                               モハ3634

       

    モハ3630形。モハ3600形が貫通扉化された際片運化された。                              

       

    モハ7031or2昭和5年日車製。元国鉄クモハ14形。      モハ3100形。昭和31年(1956年)日車製。

       

    クハ3661(左)とクハ3663?(右)クハニ800形からの改造で扉位置を変更したのと荷物室扉を埋めたのがある。

       

    クハ3665。クハ3661〜3663とは車体が異なる。       クハ7062。元国鉄クハ16形。 
    
       

    モニ101。モハ500形から改造。デキ兼用。           富士吉田車庫。


       昭和37年(1962年)   昭和46年(1971年)5月   撮影