SONY

   

   
                                                    オート 換算 39o f2.8 1/30秒 ISO100
    25 Cybershot DSC-P9 
    P5の後継機で410万画素になったが、この後に334万画素のP7が出たりでこの頃のPシリーズの
    動きは目まぐるしい。この処Pシリーズではトラブル続きだったが、本機は起動こそやや遅いが
    その後の動きや写りは良い。上の「酢豚」もキヤノンS100はホワイトバランスを外したが本機は合っている。
    広角側39oは今となっては使い辛い。電池NP‐FC10(Ctype)が何個かあるがダメになった物がある。
    外部電源ソケット(充電も兼ねる)があるが専用プラグなのでコード入手するのが大変。悩ましい事だ。
      換算 39〜117o  1/1.8型  410万画素  MS使用  電池NP‐FC10(Ctype)  2002年4月発売

      

   

    24 Cybershot DSC-U10
    おもしろカメラで当時話題になった。今はこのジャンルのカメラはスマホに移行してしまった。16Mの
    MSを使ったのでサクサク撮れ面白い。この個体よるのかモニターは見え辛く露出もオーバー気味
    単4アルカリ電池は使えずニッケル水素電池を使用。ブルーも入手しましたが露出はやはりオーバー気味です。
      換算 33o  1/2.7型  130万画素  MS使用  2002年7月発売

   

   

    23 Cybershot DSC‐P31 
    低価格機でP-20の後継機。コンパクトになったというかP-20が大きく過ぎた。レンズが換算33oになり
    扱い易くなり画素数もUP。個体の調子が良くないようです。正常品を入手次第差し替えます。
     換算 33o  1/2.7型  210万画素  MS使用  単三X2本   2002年3月発売

   

    22 Cybershot DSC‐P71
    普及機で単三2本使用。大きい割にホールド感が良くないが写りはかなり良い。    
     換算 39〜117o  1/1.8型  330万画素  MS使用  2002年3月発売

       

    21 Mavica MVC‐FD200
    フロッピーに加えメモリースティックも使えるようになりました。学校や一部の企業での需要が
    あるようです。学校を意識したか充電方法はプラグイン式になり、FDで記録した画像でも
    USBケーブルでPCに送れるようになりました。Win98から7(64bit)まで対応します。
    最初から受注生産でソニーの公式HPでは生産終了としていないので今でも発注出来るかも。
      換算 41o〜123o  1/2.7型 211万画素  FD使用  2002年2月発売

    

    

    20  Cybershot DSC-P5 
    P1の後継機とされバッテリーの小型化もあって少々厚みが減った。ダイヤルやボタンも変更になり
    扱いやすくなった。写りは個体に寄るか、AWBが怪しかったりでP1や同時発売のP3を下回ってしまった。
      換算 39〜117o  1/1.8型  334万画素  MS使用  電池NP‐FC10(Ctype)  2001年10月発売

   

    19  Cybershot DSC‐P3
    P5と同時発売の単焦点機。レンズ周りのデザインがチープで他はキッチリ造られているので
    余計目立つ。レンズカバーの開閉は手動ながら電源とは連動しない。単焦点なのに起動は
    やや遅いがその後の作動は良い。液晶ビュワーはギリギリで使えた。写りは良く、同期の
    F55DXを上回る。色合いはややコッテリ気味、白も意外に踏ん張った。
      換算 36o  1/1.8型  280万画素  MS使用  2001年10月発売

   

   

    18 Cybershot DSC‐P20  
    Pシリーズの最廉価モデルで単焦点、パンフォーカスなのになぜかボディが分厚い。当時1万円台で
    販売されていたらしいが、なぜか見掛けずYオクで高い買い物をした。各動作は速いく色合いも
    普及機としては良いが撮影条件が限定されるのは致し方ない。電池には神経質で注意が必要。
     換算 42o  1/2.7型  130万画素  単三X2本  MS使用  2001年8月発売

   

   

    17 Cybershot DSC-S85 
    S75の334万画素→413画素にUP。Sシリーズのフラッグシップ機でライバルはキヤノンG2と
    思われるがG2程多機能ではない。大人しいデザインと明るいカールツイアイスレンズ、
    大きめのバッテリーでルックス共良い。各動作の速さは起動からしてやや遅めで最後まで。
    S75と同様、決まると素晴らしいが時にピントを大きく外す。マクロも同様、好不調の波があった。
       換算34〜102o カールツアイスレンズ  1/1.8型  413万画素  MS使用  2001年6月発売

   

                                

    16 Cybershot DSC-S75
    銀塩カメラらしいデザイン、大きめのファインダー、バリオゾナー等、中高年男性を意識したカメラ。
    バッテリーは大きく持ちが良さそうだが手持ちの物が劣化しているので判らない。偶にピントを
    大きく外すが色合いは良い。各作動の速さはやや遅く、動きのある被写体には慣れが必要だった。
       換算34〜102oカールツアイスレンズ  1/1.8型  334万画素  MS使用  2001年4月発売

   

    15 Cybershot DSC-F55DX
    F1以来のデザインでF55シリーズも順次小型になりましたが前モデルのF55Vとは基本性能は
    変わらない。単焦点機で比べると半年前に出たフジの4500の方が写りは良い。同期のIXY200に
    比べると大きく、デザインも陳腐化は免れません。同時にP、S、FDシリーズが新発売になって多彩な
    ラインナップでした。Fシリーズはこの後も続きますがどういう位置づけだったか?業務用なのか?。
      換算 37o  1/1.8型  260万画素  MS使用  電池NP‐FS11  2001年4月発売

   

    14 Cybershot DSC-P50  13 Cybershot DSC-P30 後方が同時に発売されたP30
    P‐1と同じデザインの中級機でレンズは沈胴しない。単三X2本使用、プラボディで厚みが
    大きくポケットには入らない。各動作はこの時代としては速い方です。広角側換算41oが
    チョット不満。コントラストは強め、色合いはこってり気味でP1とはやや異なる。
    P30は130万画素で他はP50と変わらない。
         換算 41〜123o  1/2.7型  211万画素  MS使用  単三X2本  2001年4月発売

   

    13 Cybershot DSC-P1
    サイバーショットの名を広めたPシリーズの1号機でソニーらしいデザインです。かなり厚みがあるが
    同期生に比べれば小型で見た目より持ちやすい。当時はフジの縦型と共に銀塩カメラには無いデザインが
    若い人達に好まれたのか。バッテリーの残量時間を表示するがこの個体は弱っていて全く当てに
    ならない。起動はやや遅いが当時としては標準、他の動作良い。アッサリした色合いで女性向きか。
      換算 39〜117o  1/1.8型  334万画素  MS使用  2000年10月発売     

   

    12 Cybershot DSC-F55V
    模型店へ行った折にジャンクショップで拾った(と、通は言うらしい)。が、「素人は古いソニーには手を
    出してはダメ」と知人は言う。確かにバッテリ−とMSは悩ましい。レスポンスは良い方、色合いはこってりで
    私の好みではないがキヤノンもそうだったように当時は一般的だったようです。
      換算 37oカ-ルツアイスレンズ  1/1.8型  330万画素  MS使用  2000年6月発売

   

    11 Cybershot DSC‐F505V
    バリオゾナー5Xズーム機で鏡胴が手に馴染み扱いやすい。テレ側で撮ってみましたが良さそうです。
    PM2時頃の撮影ですが夕日を浴びたようでハワイトバランスがあやしい?
     オート  f4  1/482  ISO100  焦点距離36o(換算190o)  中央重点測光
      換算 38〜190o  1/1.8型  334万画素  MS使用  2000年5月発売

   
                                                    この辺りにリニア名古屋駅ができるかも?
    10 Cybershot DSC-S50                            
    S70、S50、S30を同時に発表し順次発売された。デザインは共通で分厚いボディですが
    大型のバッテリーを抜くと軽い。バリアングルの液晶ビュワーは便利だが肝心の液晶が
    良く見えない。光学ファインダーが無いので勘で撮った。大型バッテリーで持ちは良さそうで
    残量を表示するのは便利。広角側が39oは?だがワイドコンバージョンが使える。動作は速い。
    写りはこの時代のライバルと比べると普通で三兄弟では中とも言える。ソニーらしい製品。
      換算 39〜117o  1/2.7型  211万画素  MS使用  2000年4月発売     

   

     Cybershot DSC‐S30
    大型で翌月キヤノンのIXYが発売されているのでその大きさが際立つ。前後して発売されたS70、S50の
    廉価版です。F2.8のレンズ、バリアングル液晶ビュワーが付き操作性は悪くなくレスポンも良い。
    バッテリ−も大型なので持ちは良いらしい。
     換算 39〜117o  1/2.7型  130万画素  MS使用  2000年4月発売   

       

     Cybershot DSC-S70
    「f2のカールツァイス」が我が家の麟太郎のような目付きでこちらを見ていたのでつい・・・ 
    同期生達と比べると、大きくて重く作動も遅いが写りは良いと思う。
       換算34〜102oカールツアイスレンズ  1/1.8型  324万画素  MS使用  2000年3月発売

   

     Mavica MVC‐FD83
    FDシリーズ4機目。業務用で回りで尋ねてみても会社の備品で使った人ばかりで個人で購入
    した人はいない。業務用だけに各機のバッテリーはNP-F550のままでソニーとしては珍しい。
    ファインで撮ったらフロッピー1枚で3カットしか撮れなかったが写りは良くなった。
      換算 37〜111o  1/3型  85万画素  FD使用  1999年6月発売

       

     Mavica MVC-FD73
    模型店へ出掛けたらJショップにありました。専用バッテリーが付いていましたが専用チャージャーが
    必要で別売という。値段交渉して本体500円チャージ゙ャー1500円になった。先ずフロッピーを探すのが
    大変!充電して入れたら動きました。f=4.2mm(換算40mm)〜42(換算400mm相当)ズームで
    F 1.8 35万画素 ファインダーは有りません。操作は今のデジカメと変わりませんのでマニュアル無で
    使えますし作動もさほど遅くありません。JPEG式ですからPCで見られますが、今時のPCには
    FDDは有りませんのでチト厄介です。当時、仕事ではインターネット環境が整わずFDでデータをやり取り
    していましたので業務用には意外に便利だったと思う。 
      換算40o〜400o  1/4型  35万画素  FD使用  1999年5月発売

   

     Cybershot DSC‐F55K
    カールツアイス製レンズ+211万画素になりFシリーズ初のメモリースティック対応機で実用性が
    格段に良くなった。起動が遅いですが当時は気にしていませんでしたし書き込みも銀塩カメラには
    無い作業なので面白かった。写りは条件を選びますがデジカメの楽しさをお教えてくれたカメラと思う。
     換算 37o  1/2型  211万画素  MS使用  1999年3月発売

   

     Mavica MVC‐FD7
    デジタルマビカシリーズの最初機でレンズは換算40〜400o F1.08〜2.9の屈折式ズームレンズを 
    搭載しています。大型で重量も720gあり取り回しはチョット大変です。「ピクチャーエフェクト機能」の
    他にマニュアルフォーカスも出来ます。この場合はレンズ横のノブを回しますがこの液晶では
    ピントが掴めません。撮影結果はあまり良くなかったが個体の所為か私の設定や腕が悪かったのか
    解らない。JPEGに加え当時はFDが安価で手持ちが一杯あったので案外重宝したと思う。
        換算40〜400o  1/4型  41万画素  FD使用  1997年8月発売

 

     Cybershot DSC‐F3   
    各作動は遅いがジョグダイアルもあって取説なしでも普通に使えます。ファインダーが無い分
    液晶が同期生に比べ良い。内蔵メモリー8MBになりFINEも使いやすくなった。一桁シリーズ最終機。
    3機とも撮影可能ですがケーブルが入手出来ませんのでUP不可です。
        換算 46o  1/4型  35万画素  内蔵メモリー(8MB)  専用電池  1997年10月発売

       

     Cybershot DSC‐F1                     Cybershot DSC‐F2 
    F1はサイバーショットの1号機で良く売れた。バッテリーが持たないとか発売時にPCへの転送
    ソフトが間に合わなかったとかでも話題を呼んだ。ソニーらしいスタイルでデジカメの楽しさ
    面白さを教えてくれた。F2はメインダイヤルのロックの変更、内蔵メモリーのUP、処理速度の
    向上、電池消耗の軽減等がされた。
     F1 換算 35o  1/3型  35万画素  内蔵メモリー(2MB)  専用電池  1996年10月発売    
     F2 換算 35o  1/3型  35万画素  内蔵メモリー(4MB)  専用電池  1997年6月発売

     

    参考  Mavica MVC‐C1 
    STILL VIDEO CAMERA でデジカメではありません。28万画素のC-MOSから2インチフロッピーディスクに    
    アナログ記録する。画像は良くなかったらしい。本機の中にフロッピーが入っているので画像を見てみたいが
    カメラの他にプレイバックアダプターが必要でこれが無いと機能しない。デジカメの礎になった事は確か。
      レンズ 15o F2.8  2/3型  28万画素  2inFD使用  専用電池(6V Ni-Cd)  1988年発売


                              
                                     伴にしたカメラ