OTHER

   

    10 Polaroid PDC‐2070
    ジャスコから9,980円で売り出され、その安さが大変話題になりました。よく売れたのか
    買った人がすぐに飽きたのか以前はジャンク籠によくありました。最近はめっきり
    見掛けなくなりましたが100円で出ていたので拾ってみました。機能は一通り備えて
    いますが液晶ビューワーがお粗末で不自由します。その分ファインダーが大きいが・・・
    各動作は遅いがこの時代、ランクからして普通と思う。写りは思っていたより良かった。
      換算  単焦点、 画角不明  1/2型 192万画素  SM使用  単四X4本  2003年7発売  
 
   

     BANDAI C@mail F38 
    上左は自撮用にミラー仕上げになってる(汗)面白そうなので買ってみたものの、他の38万画素のデジカメに
    比べると画質がやや落ち、晴天下の日陰か明るい曇りの日の撮影に限られるようです。
      換算  35o 38万画素  CF使用  単四X3本  2002年12発売  

   

     machPower MPX
    おもカメに分類する人もいるがCF仕様なので拾った。シャッターボタンの位置が不自然で扱い辛かった。
    個体に因るのか電池にはシビアでフル充電のエネループ・プロでも6カット位しか撮れなかった。
      換算  42.4o 130万画素  CF使用  単四X2本  2001年8発売  

 

    BANDAI C@mail  
    Jショップ店頭で見たときはおもカメと思ったのですが買って帰って調べたら普通のデジカメに
    認定されているようです。動画も撮れるスグレモノ。シャッターを切るとカウンターが変わるので
    記録しているようです。Win/Macに対応。全て揃っているが肝心のPCが無い(汗)
      換算  単焦点、 画角不明  12万画素  単四X3本 メモリー内臓  2000年4月発売   

  

    6 MITSUBISHI DJ‐1
    スリムボディに電源スイッチとレリーズボタンのみで液晶ビュワーはありません。
    パンフォーカスでサクサク撮れるのですが、DATというファイル形式で専用アプリで
    jpg等に変換しますがこのアプリが入手出来ないので画像をUP出来ない。 無謀庵様提供
     換算 体感50o位  1/5型  25万画素  CF使用  単四X2本  1998年8発売         

    

     NEC Picona PC‐DC200k
    「世界最小のデジカメ」として満を持して発売したのですが売れなかったらしくこの機種を最後に
    NECはデジカメから撤退してしまった。ファインダーは無くストロボが無い代わりにホットシューが
    ある。シャターボタンは後方にあり親指で押す。ギミック一杯に加え扱いにくいスイッチ等写すより
    弄って楽しむ?デジカメ。各動作とも遅い。意欲作だが技術が伴わなかったか?
      換算 35o  1/3型  35万画素  単三X2本  CF使用  1997年3月発売

    

     Apple QuickTake200
    富士フィルムDS‐8のOEM機。5V仕様のスマメを持っていないのでセットの本機を高価ながら
    購入した。DS‐7の改良機で「ファイン」モードが追加された。液晶ビューワーはカクカクが無く
    起動とAF(パンフォーカス?)速く、書き込みは普通。今の感覚で普通に写せ、カードリーダーで
    PCへ移せる。写りはコントラストが強く、おかげで彼女らが飛ばしたバトンがハッキリ写っている。
      換算 36o  1/3型  35万画素  単三X4本  SM(5V)使用  1997年2月発売

   

     NEC PC-DC401 
    Cマウントレンズ交換式で本体価格(99,800円)にレンズは含まれていなかったようで、別売の
    標準レンズ(19,000円)とPCカード(2.5MB 28,000円)が付いていた。バッテリーはソニーの
    NP-F550と同型で充電器も流用出来たが劣化していて使えなかったので外部電源を使用した。
    非常に大きいが軽い。液晶ビュワ−は無く、ファインダーは純光学式で無いので見難い。
    扱いは、電源スイッチが無い等独特の仕様です。絞り、ピントは手動でf5.6 目測 FINE で
    撮った。画像はドライバーは不要でRAW(459KB)とjpg(40.8KB)で即出ました。
      換算 45o(標準レンズ) 41万画素  PCカード使用  1996年1月発売       

       

     CHINON ES‐3000
    1993年より自社ブランドとコダックOEMのコンパクトデジカメの生産を開始。こちらはコダック
    DC50Zと兄弟機になる。外観は変わらないがソフト部は異なるらしい。正面右のストロボ部を
    スライドするとファインダーが現れ電源が入る。背面の液晶はビュワーではない。撮影可能
    ですがデータが出せない。外付けメモリーカードも同時発売だったが2MB25,000円4MB35,000円と
    高価で市場にはどの程度出ただろうか。今、入手は困難と思う。本体価格は124,800円
    この個体は綺麗ですが上面が日焼けしていて本来はストロボ部以外と同色のグレー。
      換算 37〜111o  1/2型  41万画素  単三X4本  内蔵メモリー1MB  1995年12月発売

       

     Apple QuickTake100 
    コダック製で翌年同社から発売されたDC40と兄弟機。この個体は外部電源を入れても
    液晶は全表示しないので試せない。
      換算  単焦点、 画角不明  約35万画素    単三X3本  1994年2月発売     
    参考 コダックDC40  換算 42o  38万画素  1/2型  単三X4本  1995年3発売 


                             
                                    伴にしたカメラ