RICOH

   

   

    10 Caplio G4wide
    以前から気になっていた本機が手に入ったので早速試したみた。ウリは中級コンパクトデジカメ
    ながら広角側が換算28oでこれまではニコン等の高級機のみだった。換算28o便利。上画像は
    上賀茂神社で、込み合う中や料亭の前庭もAFが速いこともあってサットと撮れる。ADJボタンも
    便利だが液晶ビュワーがチープで生かせない。ファインダーも小さく不便。でも写りは良く、接写に
    強く、単三X2本使用で本体価格も低価。リコーらしいデジカメで小旅行や街歩きには便利。
     換算 28〜85o  1/2.7型 334万画素  SD使用  単三X2本  2003年9月発売   

   

     Caplio G4
    安くて軽く単三2本のお手軽カメラです。プラなのに綺麗でつい拾ってしまいました。
     換算 35〜105o  1/2.7型 334万画素  SD使用  単三X2本  2003年9月発売   

   

     Caplio RR30
    AFの速さがウリで書き込みもマアマアですが起動が遅くアンバランスな処が面白い。
    お手軽カメラでシーンモードも分かり易く、デザインは?だが軽くて使いやすく
    ホールド感も良い。色はコッテリ気味でコントラストもやや強い。リコーらしくマクロに
    強い。この個体は4カットに1カット位ピントを完全に外すので画像は参考として下さい。
     換算 35〜105o  1/2.7型 334万画素  SD使用  単三X2本 2002年9月発売   

   

     Caplio RR10
    携帯電話風のデザインでこの他にブルーが有った。FinePix 40iと同様MP3プレーヤーとしても使えた。
    スライドスイッチや小さなボタン等面白そうですが親指が大きなモードダイアルに当りクリックが軽くて
    動いてしまい撮影に手間取る事があった。各動作はやや遅く、特に起動はレンズが遅れて出て来るので
    余計遅く感じます。写りは、時々ホワイトバランが怪しくなったが個体によるものかもしれない。
    色合いはコッテリ味です。P3プレーヤーは付属品が無いので判らない。    
     換算 38〜78o  1/2.7型 211万画素  NP60/LI20B等と互換 SD使用  2001年7月発売   

   

     RDC‐7
    突然DC‐3の後継機が現れた。ビジネス用に開発されたようで、マクロモードでは換算70oに固定され
    1pまで寄れ、名刺やポケット版時刻表も撮れるが書き込みに時が掛かる。液晶ビュワーは上下左右に
    動くがやや見難い。ファインダーが明るいので日中はこちらを使用。レンズ右のグレーは縦位置用
    シャターボタン。起動は速いがAFはマクロで花等を撮ると遅く半数位はピントが合わない。デジカメ等
    個体は早くてピントが合う。一般撮影は普通に撮れる。ビジネス用でやや高価、定価108,000円だった。
     換算 35〜105o  1/1.8型 334万画素  SM使用  フジNP-80互換  2000年6月発売   

   

    5 RDC-5000
    スイバル機構を止め銀塩ンパクトカメラを大きくした様なデザインで同じく2:3の縦横比。
    重くなりましたがファインダーは大きく、液晶ビュワーも改良されました。8MBのメモリを内蔵と
    SMの選択スィッチや電源スィッチが液晶ビュワーカバーと連動する親切設計も有ります。
    起動が遅いのは残念。写りは同期生達に比べるとやや上かな?こんな状況でも踏ん張っています。
     換算 38〜86o  1/2.7型 230万画素  SM使用  単三X4本  1999年4月発売   

   

    4 DC‐4U
    DC‐3シリーズの110タイプから4シリーズはスイバル機構になりました。自分撮りが撮れるとか
    接写に便利とか銀塩カメラには無いタイプです。動作が全てに遅く液晶ビュワーもお粗末です。
    写りは同期生達に比べると並です。リコー伝統のマクロで10cm位の処から麟太郎を撮ってみました。
     換算 35〜105o  1/2.7型 132万画素  SM使用  単三X4本  1998年11月発売   

       

     リコー DC‐3ZUZ
    110カメラを彷彿させる形でスマートメディア対応、3倍ズーム機になりました。
    夕日の中で動きのある被写体に向かったが意外にサクサク撮れました。
      換算 45〜135o  1/4型  35万画素  SM使用  単三X4本  1997年11月発売

   

      DC-2E 
    普及機で単焦点になりましたが、この頃のズーム機は作動が遅いのでこの方が使いやすい。
    PCカードが手に入ったので使えるようになったが記録は「J6I」というリコー仕様?のファイルで
    これをフリーソフトでjpgに変換しましたが横に間延びするので「ペイント」で修正しました。操作は
    シンプルで3機目で慣れたせいか扱い易い。液晶ビューワーの関係でウエストレベルになるのが懐かしい。
      換算 41o  1/4型  41万画素  PCカード  単三X4本  1996年12月発売

 

    1 DC-2L
    液晶ビュワーの有無の2モデルが同時に発売された。2焦点という銀塩コンパクトカメラにあった
    方法で人物も風景もOK。内蔵メモリーからカードに移せるのはカードが高価だった頃を考えると
    意外に重宝したかも。ファイルは「J6I」です。テスト撮影直前に落下させダメになりました(涙)
    前オーナーの画像を見ると、写りは同期のフジDS-7やコダックのDC25を上回る。
      換算 35/55o  1/4型 41万画素  内蔵メモリー2MB  単三X4本使用  1996年6月発売    


                              
                                     伴にしたカメラ