Nikon

   

    14 COOLPIX 880 
    大振りのボディで扱いやすい。多機能満載ですがオートで撮る分には簡単で迷う事は無い。
    二つの液晶で設定とオートでも絞り、シャッタースピードを表示する。起動はやや遅いが
    この時代としては普通か。AF、AWBとも良く、色合いもややこってり気味でコントラストも
    やや強めだが良い。マクロも良好。電源を入れるとAFが常時ジージーと動くのでバッテリーの
    持ちは良くないかも。良好なバッテリーが入手出来れば今使っても面白いカメラ。
      換算 38〜95o   1/1.8型 334万画素  EL1  CF使用  2000年9月発売

      

   

    13 COOLPIX 3500
    2500のCCDを300万画素にしたもの。落ち着いた色合いになっています。
      換算 37〜111o   1/2.7型 334万画素  単三X4本  CF使用  2002年11月発売

   

    12 COOLPIX 4300
    885のCCDを400万画素化したモデルでシーンモードやマニュアル撮影モードの改良が為されているが 
    液晶ビューワーの改良されていないのが残念。起動はやや遅いが後は普通です。画像はミストを
    扇風機で飛ばしているのですがこんなシーンも撮れる様になり白トビも少なくなりました。
      換算 38〜114o   1/1.8型 413万画素  CF使用  2002年9月発売

   

    11 COOLPIX 5700 
    デザインも作りも良いのですがAF、ズーミングは確かに遅い。敢えてダンスに挑んだがスリープ問題でも
    手こずった。この個体に因るか御覧のように全体にアンダー気味で赤色が朱色に出る。イジレばなんとか
    なるが・・・手持ちのバッテリーが弱っているので電池の持ちは判らない。基本性能は良いので再度挑みたい。    
      換算 35〜280o  2/3型  524万画素  CF使用  2002年6月発売

   
                                                        一部修正
    10 COOLPIX 2000                                
    775の後継機で普及機。オーソドックスな型になりファインダーは無くなった。各動作の速さは
    当時の普及機としては速い方です。写りもよくキヤノンA40いい勝負だがコンパクトな分こちらが良い。
      換算 38〜114o   1/2.7型 211万画素  単三X4本  CF使用  2002年6月発売

       

     COOLPIX 2500
    スイバル機構を持ち、撮影はオートとシーンモードのみで初心者用。キャノンIXY300とはライバル同士で
    スペックもレスポンス似たような感じです。
      換算 37〜111o   1/2.7型 211万画素  CF使用  2002年3月発売

       

     COOLPIX 5000
    どれでも800円という籠に入っていた。すごく綺麗で、当時定価15万円だったから前オーナーは丁寧に
    使った?高いと思ったがニコンファンとしては拾わなければいけない。当時としては、広角側28oは
    少なかったのでこちらで側で絞り優先・ビューファインダーで撮った。色はこってり気味。動作が多少
    遅いが、仕様は今のカメラとあまり変わりませんのでじっくり遊んでみたいと思います。
      換算 28〜85o  2/3型  524万画素  CF使用  2001年12月発売

   

     COOLPIX 885
    775の上位機。大きめのグリップは使いやすく、多彩なシ−ンモードも便利そう。大きめのバッテリ−だが
    持ちは古い故判らない。動作は全体に遅くやや戸惑う。775と同様夜景を撮ったがストロボをカットしても
    電源をオフにすると戻ってしまうのでその都度カットしなければならない。夜景モードを使った方が良いかも。
      オート f4 (開放)  1/3秒  ISO‐336  焦点距離・換算約60o
      換算 38〜114o   1/1.8型 337万画素  CF使用  2001年10月発売

       

     COOLPIX 775
    キャノンに追い付き追い越せの気合の入った設計だが売れなかった、とは毎日見ているブログで
    .著している。立ち上がり、記録とも同期生達よりも遅めですがサイズやホールド感は実用域。
    夜景に強いとの事で挑戦してみましたが同期生達よりもワンランク上の様な気がします。
      オート f3 (開放)  1秒  ISO‐200  焦点距離・換算約40o
      換算 38〜115o   1/2.7型 214万画素  CF使用  2001年9月発売

   

     COOLPIX 995
    900から始まったフラッグシップシリーズの最終モデル。ボディは大きいがスイバル式で明るいレンズは
    無理。キヤノンのG1やオリのC‐3040比べると不利で6ヶ月後にE5000が出た。起動はやや遅いが後の
    動作はこの時代としては速い。この個体は起動、AFともジリジリ喧しい。色合いはやや濃い口でAFも
    良い。E5000と写りは変わらない。広角側換算38oを気にしなければ今でも使える。我が家の庭に咲いたホトトギス
      換算 38〜152o  1/1.8型  334万画素  CF使用  2001年6月発売

   

     COOLPIX 800
    大きいというより厚いボディです。インナーフォーカスで起動すると標準位置位になっていて
    私の場合W側で撮る事が多いのでその都度に動かさなければならないので不便です。
    上部にボタンが集まっていたりシャタースピードや絞り表示したり銀塩カメラの名残を残す。
    起動は時代を感じさせますが後は速い方です。素直な発色で私好みです。
      換算 38〜76o   1/2型 211万画素  CF使用  単三X4本  1999年11月発売

   

      COOLPIX 950  Rikkie師匠提供
    ニコンが本気で造った最初のデジカメという。マグネシュウム合金の大柄なボディに一眼レフ並の機能を
    搭載している。操作は十文字キーが無く最初は戸惑うが今でもニコンのHPに取説があるのでそれを
    見れば良い。マクロの評判が良いので花を撮ってみたがスイバル式は便利だ。各動作の速さはこの時代
    としては普通。FINEで撮ったので書き込みは長い。写りは良い。起動時のズームのレテ側はやはり戸惑う。
      換算 38〜115o  1/2.2型 211万画素  CF使用  1999年3月発売

       
     COOLPIX 910
    スイバル式で大型。ニコンらしくシンクロターミナルが有って専用ブラケットも別売されていた。
    風景や人物等おとなしい被写体に向く。白トビや被写体によってはピント合わせに迷う。
      換算 38〜115o  1/2.7型 130万画素   CF使用  1998年10月発売

   

     COOLPIX 900 
    FinePix700と同期でこちらはズーム機ですが大きさは2倍以上あります。ニコンらしいしっかりした作りと
    質感があります。起動が遅く早めに電源を入れたり、レンズが換算42o位から始まる、ファインダーと
    写りの差があり液晶ビュワーを使いたいが見難い等、チョット慣れが必要です。起動以外の動作も
    やや遅め、色合いはやや地味で写りはFinePix700の方が上回っていたと思う。試作要素の強いデジカメ。
      換算 38〜115o  1/2.7型  130万画素  CF使用  1998年3月発売



                              
                                     伴にしたカメラ