KONICA/MINOLTA

   
                                       
    11 Dimage X31 (K/M)
    屈曲式光学系でコンパクトで立ち上がりも早く、撮影距離が0.1mから、全域マクロで模型撮影も兼ねて
    当時購入を考えた事もあった。今夏、模型店近くのジャンクショップ店頭に500円転がっていたので
    試しにGET!ご覧の様にキズだらけで機種名も擦り切れて読めませんがSDカードと単三を入れたら
    動きました。ズームの動きは相変わらず遅い。
      換算36㎜~108㎜  1/3.2型  320万画素  SD使用   2004年7月発売      

 

    番外 Revio C2 (Konica)
    当時としては「世界最軽量」だったとか。ピンク色以外にシルバーとブルーがあった。購入時は
    動いていたが今回改めて電源を入れたら日付を終了すると後は動かない。携帯にカメラ機能が一般化
    した時点で終わった。使用感は良くないが意外に質感は良い。画質は期待してはイケマセン。
      換算37㎜相当  1/3.4型  130万画素  内蔵メモリー(14MB)  単四X2本  2002年12月発売     

   

    10 DeditalRevio KD-500Z (Konica)
    設計者の拘りが伝わってくるカメラで、地道に改良が加えられ500万画素になりました。
    SD/MMC/MSのデュアルスロットもそのまま。起動は速くスナップ撮影には良い。
    広角側がもう少し広いと更に良い。写りも良くなりシーンを選ばなくなった。
    この後のマイナーチェンジ版KD‐510がコニカブランド最終でDimageGシリーズに引き継がれた。
      換算39㎜~117㎜  1/1.8型  500万画素  SD/MMC/MS使用  2002年10月発売     

    

     DeditalRevio KD-310Z (Konica)                       桜吹雪が舞う
    コニカらしい端正な造りでレンズはヘキサノン。ライバルのIXYは撮影素子1/2.7だがこちらは1/1.8。
    操作は練習しなければならない。起動は非常に速いのでシャターに指をかけて左手でカバーをスライドし
    即、、撮れる。その後の動作は普通。写りはこの時代としてはシーンを選ぶが良いと思う。
      換算39㎜~117㎜  1/1.8型  234万画素  SD/MMC/MS使用  2002年7月発売     

   

      DeditalRevio KD-400Z (Konica) 
    310zと同時発表された新シリーズ1号機です。310zと500zをUPしましたがこのシリーズは
    私のお気に入り。古き良き頃のコニカ・・・コニカⅢを思い起こせる何かがあります。
    レスポンス、AF、AE、マクロも良い。色合いはコッテリ、コントラストも強め。
    サブカメラとして今も使える。ディマージュG400、G600も何れUPしたい。
      換算39㎜~117㎜  1/1.8型  413万画素  SD/MMC/MS使用  2002年6月発売     

   

     Dimage F100 (MINOLTA)          
    デザインは同期のソーニーPシリーズ似ているが、動体追尾AFやフルオートシーンセレクタ、
    マニュアルの露出モード、5点フォーカスエリアを持ち、被写体に合焦した位置が液晶画面に
    表示される等、高級コンパクト機にふさわしい内容です。動作の速さはその時代としては普通だが
    最高画質にするとTIFFで11MB位になり書き込みは長くなる。写りはこってりの色合いでピントも合う。
    良いデジカメだがあまり売れなかったらしい。因みに、同年同月発売のパナLC20は調子が悪く
    IXY200aに至っては購入した時は良かったが今回試そうとしたらCCDがダメになっていた。
      換算38㎜~114㎜  1/1.8型  413万画素  SD使用   2002年4月発売      

   

     Dimage X (MINOLTA)
    屈曲光学系の内蔵型ズームレンズを搭載した最初のデジカメかも。薄型でシャツのポケットにも
    入りスナップを撮るには便利で話題を呼び、後に各社から同類機が沢山出ました。皆さんが
    指摘されているようにバッテリーに問題があるようで付いていたのも亡くなっていた。外部電源を
    使用し撮ってみたが、ズームの動きやシャッターのタイムラグにやや不満が残るが便利さが上回る。
       換算37㎜~111㎜  1/2.7型  211万画素  SD使用   2002年2月発売

   

     DeditalRevio KD-300Z (Konica) 
    京セラのOEM機でFinecamS3と同型で大きさはIXY位、スペックは2倍ズームレンズを除くとS30に近い。
    定価88,000円だったが人気が無かったか値崩れが大きかった様です。SDカード2Gを認識したので
    ドンドン撮ろうと思ったが、各動作が遅い!特に起動が遅く気が萎えてしまう。バッテリーの持ちが良く
    無かったがカメラとバッテリーの劣化か?冬の陽が真横から来て白トビしているが写りは良い。
      換算38~76㎜  1/1.8型  334万画素  MMC/SD使用  2001年7月発売    

   

     DeditalRevio KD-200Z  (Konica)
    コニカブランドは銀塩カメラ時代には手堅いカメラで知られていて何台か使った事が有る。
    但し、私の実感ではC35まで。デジカメは積極的でなかったようで(体力がなかった?)本機も
    ミノルタE203のOEMでエントリー機。コンパクトで操作は単純、作動の速さもファインダーの
    見えも標準。写りは同時に試した同期生で同価格のサンヨーMZ1に比べ明らかに劣りガッカリした。
      換算35㎜~105㎜  1/2.7型  211万画素  SD/MMC使用  単三X2本  2001年7月発売     

 

    3 ₋mini Ⓓ 
    オモカメ風で用途を限定したカメラのようです。この個体は電源に神経質で普通のエネループでは
    作動せずプロで動いたが今度は抜き取るに大変だった。撮影は出来たが液晶ビューワーがお粗末で
    良く判らない。画像を取り出すのにWindows98辺りのPCが必要で、早速Hオフで98のバイオを買って
    来たらHDDがダメで散々。ドライバーは今もメーカーのHPから取れるので早い機会に試したい。
      30万画素  単四X2本  内蔵メモリー(8MB)  2001年3月発売 

   

     DIGITAL現場監督 DG‐1  (Konica)
    デジタル化された「現場監督」の1号機でQM‐100がベース。ライバルの富士からも半年前に
    DS‐250HDが発売されている。QM‐100と同様液晶ビューワーがお粗末なのが残念。起動と
    AFは速いが書き込みは遅い。写りは時代を感じる。この個体は非常に綺麗で現場監督したか?
      換算 39㎜ 1/3型  108万画素  単三X4本  CF使用  1998年9月発売 

   

    1 Q-M100  (Konica)
    銀塩カメラらしいデザインでレンズカバーと電源スイッチが連動、上部液晶モニターで確認が
    出来ます。ヘキサノンレンズに見易いファインダー、作動の速さも良く、加えて単三とCFのお蔭で
    今でもサクサク写せます。唯一、液晶ビューワーの応答の遅さと質が時代を感じさせます。
      換算38㎜  1/2型  38万画素  単三X4本  CF使用   1997年11月発売 


                              
                                     伴にしたカメラ