Kodak

    

    7 DX3600                                  作例は少しカットしてあります。日付は未セット。
    伝統のデザインですが小型化、クレードル対応になった。コンセプトは変わらず簡単操作の入門機。
    其々の動作は遅く、液晶ビューワーも良く見えないが安く販売されていたらしいので価格相応?
     換算 35〜70o  1/2.6型 230万画素  CF使用  単三X2本  2001年10月発売 

   

    6 DC-80
    200画素時代に33万画素で手動3点ゾーンフォーカス、中途半端な焦点のレンズ、大柄なスタイルに
    加え49,800円の価格等アンバランスなデジカメとして知られる。迷機として名を残す?
     f4.0 換算 45o  1/3型 33万画素  CF使用  単三X4本  1999年11月発売
 
   
                                      
    5 DC-215Z
    普及機でスタイルは変わりませんがやや小さく軽くなりました。作動も少し早くなりましたが液晶ビュワーが
    良くなくファインダーで撮った。風景なら何とかなりそうで又しても銀杏のカーペットになりました(笑)
     換算 29〜58o  1/3型 109万画素  CF使用  単三X4本  1999年9月発売 

    

    4 DC-240iZ
    DC‐240をベースに外観をiMacカラー5色スケルトンとし日本市場専用で合計5000台限定販売された。
    大型で重く日本人には向いていないが操作は簡単で液晶ビュワーも悪くなく其々のレスポンスも良い。
    昔の同社のポスターを思い出して銀杏並木を撮ってみた。露出−1/2補正
     換算 39〜117o  1/2型 130万画素  CF使用  単三X4本  1999年8月発売 

   

     DC260Z
    翌年の発売で撮影素子が大きくなり画素数が増したがボディも大きくなった。レンズは3倍ズームに
    なったが広角側が狭くなり残念。御覧のように画面は3:2で比較的大きなファインダー、シンクロ
    ターミナルや外部電源端子、USB接続端子があり、世界で初のOS(Didita)搭載でカスタマイズ、
    書き込みバージョンアップが可能等、プロ用?も意識した内容ですが、とにかく動作が遅く
    極め付きはモニターでこれは珍しい。コダック調のこってりした色合いです。
     換算 38〜115o  1/2型 160万画素  CF使用  1998年7月発売                              

       

     DC210Z
    広角寄りのレンズで便利。設定は絵文字+日本語で簡単、撮影もパンフォーカスですぐ写せる
    コダックらしいデジカメ。やや大型で外装はプラだが重くて正にアメリカン!JPEGでCF、単三4本
    使用なので今でも使えます。2倍ズーム機で望遠側で撮ってみましたが時代を偲ばせる写りです。
    コダックが発明したデジカメが今日隆盛を極めているのに老舗のコダックの撤退は残念です。
     換算 29〜58o  1/3型 109万画素  CF使用  1997年9月発売

   

    1 DC25
    大型だが軽く個別に色々スイッチが付いている。3Vリチウム電池X2本は高価なので外部電池と
    CF64Mを使用しファインダーで普通に写した。MXnViewでjpgに変換しフォトショップEmの自動カラー
    補正をかけ138KB→97KBになった。 無謀庵様提供
     換算 47o  1/3型 27万画素  CF使用  3Vリチウム電池X2本  1996年10月発売      


                              
                                     伴にしたカメラ