EPSON

   
 
   

    L‐410
   日刊!サラネットさんによるとジャパネットたかたモデルでプリンターのおまけだった由。
   携帯電話にあったパール塗装で極く普通のデザインです。液晶ビュワーは小さめですが
   良く見える。プリンター連携ボタンが目立つ。各動作の速さはこの時代としては普通。
   写りが良いので敢てこの時代のデジカメが苦手としている藤に挑んでみました。
    換算 34〜102o  1/2.5型 407万画素 単三X2本 SD使用 2004年5月発売。

   
                                 一部修正してある
   

    L‐300  
   久しぶりに出た新シリーズで普通のデジカメになった。自社のプリンターと連携強化をしたモデルで
   主にプリンターとセット販売されたらしい。auの携帯電話で画像が転送出来た。レンズ周りのプレートが
   無く正常品を探していたが見つからず見切り発車。操作はシンプルで扱いやすい。各動作の速さは
   この時代の普及機としたは普通、色あいも良い、但し本機のみかもしれないがフレアーが出る。
     換算 34〜102o  1/2.5型 324画素 単三X4本 SDカード 2003年4月発売。

   
                                      UP承諾済
   7 CP‐920Z
   キヤノンパワーショットG1の兄弟機とも言われているが単三仕様は今となっては有難い。
   マニュアルモードも備えるが操作がエプソン独特でチョット慣れが必要。起動は遅く
   書き込みもハイパーで撮ったら大変遅くこのお嬢さんとのタイミングが難しかった。
   ちなみにこの画像は932MB。色合いはエプソン独特で好みは別れる。
     換算 34〜102o  1/1.8型 334万画素 単三X4本 CF使用 2001年3月発売。

   

   

    CP‐800S カラーバージョン  
   カメラ店のケース内に鎮座していて隣のケースはライカM型が並ぶ。綺麗なので早速GET!
   女店員サンから「ケースも有ります」と言われた。価格はHオフより安い!800の後継機800Sの
   一部スケルトン版で3色有った。マックのスケルトンPCが流行、コダックやフジが追随したが
   フジは見た事が無い。伝統?の大型ボディにボタンがいっぱい。日本市場より北米市場?を
   優先したようなカメラ。ダイヤルを「i」するといろんな設定が出来るが素直にオートで撮った。
   この時代のデジカメはこんなシーンが苦手なのですが意外に頑張っています。
     換算 38o  1/2型 214万画素 CF使用 単三X2本 1999年11月発売。

       

       

    CP‐800
   上部にモノクロ液晶モニターがあり基本情報を表示する。一眼に慣れた人には便利。
   撮影モードも多彩でフルオートからマニュアル、シーンモード、モノクロ、パノラマ・・・
   金属ボディにダイヤルロック、コンパクトフラッシュ等フィルム一眼レフユーザーの
   サブ機を?意識した設計でしょうか?
     換算 38o  1/2型 210万画素 CF使用 単三X2本 1999年5月発売。

       

    CP‐700Z
   大型で特に厚みがあるので携行はやや不利。液晶に採光窓があるのが面白い。レスポンスはやや
   遅め。'98年秋モデルでは各社ズームレンズ付になった。サンヨーのOEM機で同社DSC-SX1Zと
   姉妹機。名古屋レディースマラソンを撮りましたが天候が悪く良い結果が得られなかった。
     換算 34〜102o 1/2.7型 135万画素 CF使用 単三X4本 1998年11月発売

   

    CP-600
   CP‐500とほぼ同じボディで130万画素にUPした。操作等は変わらない。普通に作動するが
   CCDの状態が良くないので取り敢えずUPしますが正常品を入手次第差し替えます。
    換算 36mm相当 1/2.7型 130万画素 CF使用 単三X4本 1998年5月発売。

       

    Calario CP-500
   エプソンはデジカメにはCP-100で比較的早く進出し、200.500と続きましたが
   500から外部記憶装置にコンパクトフラッシュを導入。大きくて重量バランスが悪いと
   言いますが片手でスナップ写真を撮るには具合が良い。発売価格が89,800円で
   比較的安かったもののコンパクトフラッシュが20MB(高精細で40カット位)で4万円以上
   でしたので合計ではそれなりの価格。256MBを入れたら540を表示しましたが
   電気の消耗が激しいので電池が200本位必要。
     換算 36mm相当 1/3型 81万画素 CF使用 単三X4本 1997年7月発売。

     

       

    Calario CP‐100 
   ジャンク店で拾った。この大きさでは誰もデジカメではなくポラと思う。私もレンズ回りの
   「ColorDiditalCamera」でやっと判った。他に「ProgresesiveScanCCD」の文字もある。
   北米用に開発されたらしい。ボタンの表示はシール。電池蓋を開けるのにコツがいり
   エネループはサイズ的に難しそう。背面右に増設用のメモリースロットがあるが
   増設されていない。パソコンに繋ぐとモニタしながらシャッターが切れるらしい。
   撮影は可能の様です。
     換算 43o  1/3型 35万画素 単三X4本 内蔵メモリー(1MB) 1996年3月発売。


                       
                           伴にしたカメラ