淡路交通

          明石から岩屋に渡りバスで洲本入りした。街は漁師町の雰囲気だが駅舎は
          バスターミナルを兼ねた立派な建物だった。早速、車庫のある宇山へ向かい
          車庫で写した後、洲本川橋梁を経て寺町へ向かったが、こんな駅にも売店が
          営業していて驚いた。昭和40年(1965年)の訪問で翌年の9月末に廃止された。
                  
       

    洲本
    駅舎とビルはそのまま残り、駅跡はバス           モハ1005。大正10年(1921年)川崎造船製。
    ターミナルになっているという。モハ2008。          元南海モハ502で電化時に入線、後に鋼体化。

 

    洲本〜寺町
    モハ2007?ガソリンカ−を自社で電車化。

           

    寺町                                 洲本川橋梁
    モハニ2006。昭和6年(1931年)川崎製
    気動車を電化時に電動車化。

       
    
    宇山                                広田           N先輩 写
    モハ1011。大正10年(1921年)川崎造船製。        モハ2008。昭和10年(1935年)日車製    
    元南海モハ1027で後に鋼体化。               気動車を電化時に電動車化、貫通扉化。              

        

    宇山 車庫と駅
    モハニ1003。南海時代の面影を残す。            今はバス車庫になっているという。

             

    モハニ1002。明治42年(1909年)天野製。          モハニ1003。明治42年(1909年)天野製。
    元南海デハ31で電化時に入線、後に鋼体化。        元南海デハ32で昭和34年に簡易鋼体化。                                   

       

    モハ1010。大正13年(1924年)梅鉢製。           モハ2007。昭和12年(1937年)日車製 
    元南海モハ1025で後に鋼体化。               気動車を電化時に電動車化。

        

    モハ609とモハ610。大正13年(1924年)藤永田造船製の元阪神(同番号)の車体に手持ちの機器を載せた。

             

    クハ112。昭和8年(1933年)日車製              モニ500。昭和10年(1935年)日車製。元国鉄                               
    気動車を制御車化、後に貫通扉化。             モヤ4003で後に鋼体化。螺旋連結器付き。


        昭和40年(1965年)  撮影